日本は長身FWキム・シンウクへのクロスやロングボール攻撃に苦しんだ。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

[E-1選手権]日本×韓国/12月16日/味の素スタジアム
 
 E-1選手権の日本対韓国が16日、味の素スタジアムで19時15分にキックオフされた。
 
 開始3分に小林悠のPKで先制した日本だったが、その後はプレスがハマらず守備が大崩れ。13分に元鳥栖のキム・ミヌのクロスからキム・シンウクに同点弾を決められると、23分には元神戸のチョン・ウヨンにブレ球のスーパーFKを沈められて逆転される。
 
 さらに35分には中央を突破され、GK中村航輔との1対1になったキム・シンウクに左足で流し込まれた。
 
 日本は196センチの長身FWキム・シンウクを狙ったクロスやロングボールに苦しみ、なんとか撥ね返しても攻撃へ転じる場面でミスを繰り返してリズムを掴めない。
 
 結局、そのまま1-3で前半は終了。引き分け以上で優勝できる日本は、少なくとも後半に2ゴールが必要になった。