今大会2点目を決めた小林。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 E-1選手権の最終戦、日本対韓国の一戦が12月16日、味の素スタジアムで19時15分にキックオフされた。

 日本はここまで2戦2勝。対する韓国は1勝1分けで、日本は引き分け以上で優勝が決まる。

 日本の先発はGKに中村航輔、DFは右から植田直通、昌子源、三浦弦太、車屋紳太郎。中盤は井手口陽介と今野泰幸のダブルボランチでトップ下に倉田秋。3トップは右から伊東純也、小林悠、土井聖真という顔ぶれ。

 日本は開始2分、土居のパスを受けた伊東がディフェンスラインの裏に抜け出すと、韓国のチャン・ヒョンスに倒されPKを獲得。これを小林が冷静に沈め、日本が幸先よく先制する。小林は大会2得点目となった。

 しかし韓国もすぐさま反撃する。13分、左サイドからのクロスボールに中央で197センチの長身FW、キム・シンウクにヘディングシュートを叩き込まれ、韓国が同点に追いつく。

 その後も一進一退の攻防が続く。19分に再びキム・シンウクにミドルを放たれるが、ここは中村が好セーブ。その直後には伊東がカウンターから韓国ゴールに迫るもDFのチャージに遭い、シュートには至らなかった。

 23分、日本は韓国に勝ち越しを許してしまう。ペナルティエリア手前でのファウルでFKを与えると、これを元神戸のチョン・ウヨンに直接叩き込まれた。韓国が2-1とリードする。日本は開始1分でリードを奪ったものの、早々にひっくり返されてしまった。

 さらに勢いに乗る韓国は35分、イ・ジェソンが持ち上がると、スルーパスを受けたキム・シンウクがゴールに流し込み、リードを広げる。韓国が3-1とした。

 前半は韓国が2点をリードして終了した。

 後半はともにメンバー交代なくスタート。日本は序盤、後方から丁寧なビルドアップを見せ、韓国を自陣に押し込むが、韓国の堅守を崩し切れない。逆にカウンターからピンチを招いてしまう。

 日本は66分、井手口に代えて、これが代表デビューとなる三竿健斗を投入する。

 しかし70分、日本はペナルティエリア右でFKを与えると、途中出場のヨム・ギフンが放ったシュートは、小林の足を掠めて方向を変え、直接ゴールネットを揺らす。韓国が4-1とリードを3点に広げる。

 日本はその後、途中出場の川又堅碁が二度の決定機を迎えるが、いずれも相手GKの好守に阻まれてしまう。

 結局、スコアは1-4のままタイムアップ。日本は韓国を相手に、1979年以来の4失点で大敗を喫してしまった。。

【日本代表PHOTO】E-1選手権・第3戦の韓国戦。4失点の惨敗で優勝ならず…