中国戦に続いて小林がゴールを挙げた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[E-1選手権]日本×韓国/12月16日/味の素スタジアム
 
 E-1選手権の日本対韓国が16日、味の素スタジアムで19時15分にキックオフされた。
 
 日本は引き分け以上、韓国は勝てば優勝という大一番は、試合早々の3分に動いた。
 
 右サイドからのスローインを受けた小林悠がヘディングでフリック。これを土居聖真がダイレクトで相手最終ラインの裏にボールを送ると、素早く反応した伊東純也がワントラップで相手DFの前に入り、PKを獲得する。

 ここでキッカーに立ったのは、今大会で好調を維持する小林。冷静に左サイドにPKを沈め、日本が先制した。

【日本代表PHOTO】E-1選手権・第3戦の韓国戦。4失点の惨敗で優勝ならず…