マツダの「RX-8(初代)」(提供=カーセンサー)

写真拡大

 1位はマツダの「RX-8(初代)」、続いてトヨタ自動車の「アルファード(現行型)」と「ヴェルファイア(現行型2代目)」――。

 中古車情報メディア「カーセンサー」(リクルートマーケティングパートナーズ)が毎年実施している「カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー」の「2017-2018」の結果が発表された。

 この1年で掲載された約6000モデルのクルマから選出され、1位は中古車マーケットでユーザーの注目度がもっとも高いクルマといえる。今回、「RX-8」が「2015-2016」以来の1位に返り咲いた一方で、昨年1位だったトヨタの「ハリアー(3代目)」は6位に順位を落とした。

 今人気の中古車と、その理由は何か。18年にかけてのトレンドは。「カーセンサー」編集長の西村泰宏氏に聞いた。

●マツダのRX-8、実は燃費が悪い?

――この1年で、中古車人気のトレンドはどのように変化しましたか。

西村泰宏氏(以下、西村) 「2016-2017」の1位は、「SUV」(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)のなかでも価格がお手頃なトヨタのハリアーでした。SUVの人気は相変わらず続いていますが、ほかのSUVが出回るようになったので票が割れて、ハリアーは1位から6位に落ちました。

 ただ、ハリアー以外にもトップ10のなかにはSUV車がランクインしており、SUV人気は継続しています。これが、ひとつの大きな傾向だと思います。

――マツダのRX-8がトップに返り咲いたことを、どう見ますか。

西村 RX-8は、以前から根強い人気があります。価格が下がり100万円以内で購入できるようになったことで、今回は10代から20代の問い合わせが多かったです。すでに生産を終了していますが、一定の中古車流通があり、個人的には、あと1〜2年は上位にランクインすると予想しています。

――RX-8の燃費についてはいかがでしょうか。

西村 何と比較するかによって変わってきますが、軽自動車と比較するとあまりよくありません。ただ、スポーツタイプのクルマを購入する方がそこを気にするか、という事情もあります。車両の購入金額が抑えられることもあり、燃費の悪さがネックになるようなクルマではありません。

――2〜3位にトヨタのアルファードとヴェルファイアがランクインしました。

西村 この2台は15年1月に登場した現行モデルです。ちょうど丸3年がたとうとしています。新車購入後、初回の車検は3 年後です。車検のタイミングで乗り替える人が増える傾向があるため、中古車市場では流通台数が増加して選びやすくなります。

 また、流通量が増えることで価格は下がるため、注目度が高まります。特に新車時の価格が高いモデルについては、中古車で購入するメリットが出てくる時期といえます。昨年1位になったハリアーは、その代表例といえるでしょう。年間を通じて安定して400〜500台の在庫があると、上位のランキングを狙えるようになり、問い合わせも増えてきます。

 ちなみに、この2台はトヨタが高級を売りにしているミニバンです。基本的には“兄弟車”であり、見た目は少し違うものの性能などはほぼ同じです。

――昨年1位のハリアーは6位まで落ちました。

西村 それでも、ハリアーは引き続き人気です。中古車市場は約6000モデルが流通しています。1位から6位に下がると、すごく人気が落ちたような印象を受けますが、全体のなかで見ればかなり上位にいるという認識が正しいです。

●女性が軽自動車やコンパクトカーを選ぶ理由

――今後、中古車で売れるトレンドは。

西村 エリアなども関係するため、一概には言えません。30〜40代の方のトレンドは、年式の新しいミニバンとSUVです。たとえば、去年のハリアー、今年のアルファードとヴェルファイアが該当します。

 過去2〜3年の年式であれば、これらの車種の購買意欲は引き続き高いと思います。「新車では買えないけれど、中古で憧れのクルマを買ってみよう」という考えで購入される方が多いです。

 もうひとつは、ライバルが少なく安定した人気のRX-8のように、根強く支持されるクルマ。この2つのトレンドが拮抗しています。

――世代や家族形態による違いなどはありますか。

西村 世代別にランキング上位のモデルを見てみると、20 代は低予算で買えるコンパクトカーやクーペなどのスポーティーなクルマが人気です。30〜40 代になると家族形態の変化で乗車人数や荷物が増えるため、ミニバンやSUV、ステーションワゴンが主流になってきます。

 そして、50 代以上になると、それぞれのライフスタイルに合わせてクルマの選び方が一気に多様化してきます。子育てが一段落してコンパクトカーにダウンサイズする層は、日産自動車の「リーフ」やボルボの「V40」などに注目しています。

 王道のセダンを選ぶ層には、BMW の「3 シリーズ」や「5 シリーズ」、レクサスの「HS」などが人気です。ほかにも、SUV では三菱自動車の「アウトランダーPHEV」やポルシェの「911」、軽自動車ではオープンカーのダイハツ工業「コペン」やクロカンの三菱「パジェロミニ」が上位に入ります。購入後の用途をイメージしながら、さまざまなクルマが選ばれているようです。

 また、女性には軽自動車が人気です。価格が安いことに加え、「大きなクルマだと運転が怖い」「狭いスペースへの駐車が苦手」という事情があるようです。うちの編集部員もそうですが、コンパクトカーや軽を選択する女性は多いです。

――中古車人気には地域性もありますが、変化はありますか。

西村 北日本では四駆のSUBARU(スバル)が人気で、このトレンドは変わりません。北海道では「レガシィB4(2 代目)」、東北では「レガシィツーリングワゴン(4 代目)」が、それぞれトップでした。
(構成=長井雄一朗/ライター)