きかんしゃトーマスは何ゲージ?

写真拡大

「きかんしゃトーマス」は鉄道模型を使った人形劇として知られています。最近では、CGアニメーションも用いられるようになりました。

何ゲージを使用?

「きかんしゃトーマス」は1984年にイギリスで放送がはじまりました。その時は実際の鉄道模型のセットが使われていました。鉄道模型は使う線路の幅によってゲージが分かれています。「きかんしゃトーマス」には何ゲージが使われているのでしょうか。

1番ゲージを使用

「きかんしゃトーマス」に使用されている鉄道模型は1番ゲージと呼ばれているものです。線路幅は45ミリで、イギリスではポピュラーな鉄道模型のゲージです。日本の場合、鉄道模型は9ミリ幅のNゲージ、16.5ミリ幅のHOゲージが広く知られています。車両ひとつの大きさは、Nゲージの場合は大人の人差し指の長さくらい、HOゲージの場合は手のひらに乗ってあまるくらいです。となると「きかんしゃトーマス」の線路幅はNゲージの5倍ですから、かなり大きなサイズであるといえるでしょう。「きかんしゃトーマス」では車庫のほか、さまざまなシチュエーションのセットが作られていますから、広大なスペースを必要としたことがうかがえます。