写真は12月12日中国戦の日本代表【写真:Getty Images】

写真拡大

 EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会・韓国代表戦に臨む日本代表のスターティングメンバーが発表された。

▼GK
12 中村航輔(柏レイソル)

▼DF
5 車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
3 昌子源(鹿島アントラーズ)
6 三浦弦太(ガンバ大阪)
22 植田直通(鹿島アントラーズ)

▼MF
17 今野泰幸(ガンバ大阪)
2 井手口陽介(ガンバ大阪)
7 倉田秋(ガンバ大阪)

▼FW
13土居聖真(鹿島アントラーズ)
14 伊東純也(柏レイソル)
11 小林悠(川崎フロンターレ)

 GKは初戦の朝鮮民主主義人民共和国戦で鮮烈なパフォーマンスを披露した中村航輔。大会制覇がかかる一戦でどのようなプレーを見せるか注目だ。

 最終ラインは車屋紳太郎、昌子源、三浦弦太、植田直通の4人。昌子は3試合連続スタメン。今大会のDF陣の中では経験があり、この試合でも周囲をうまくまとめたい。

 中盤は今野泰幸、井手口陽介、倉田秋のガンバ大阪トリオ。それぞれの特徴を把握しており、コンビネーションに問題はないはず。韓国は球際での激しさを前面に押し出してくることが予想されるが、特に今野と井手口はしっかり渡り合えるだろう。

 前線は中国戦でアグレッシブなプレーを見せた土居聖真がスタメン。倉田、小林悠ら近いエリアでプレーする面々との連係に期待だ。右太ももの状態が心配された伊東純也もスタメンに名を連ねている。ここ2試合ピッチで違いを生み出しており、今回も注目だ。

 引き分けでも優勝となるが、チームは勝利での大会制覇を望んでいる。“永遠のライバル”を下して歓喜を掴みたいところだ。

text by 編集部