完敗だった。EAFF E-1選手権の優勝をかけて北朝鮮と戦ったなでしこジャパンは、後半に2発を浴び、一矢報いることすらできず0-2で惨敗。北朝鮮に大会3連覇を許した。

 それでも前半は予想以上の戦いとなった。もとよりスピード、テクニック、スタミナを兼ね備えた北朝鮮の2トップを含む、攻撃陣に攻め込まれるのは覚悟の上だった。特にキム・ユンミはそこに高さも加わる脅威の存在だった。


本職ではないセンターバックで、仕事を果たした鮫島彩

 そんな北朝鮮に、トップスピードで裏を取られては勝負にならない。そこで日本は北朝鮮の右サイドハーフのリ・ヒャンシムが駆け上がろうとするところを、左サイドバック(SB)に入った宇津木瑠美(シアトル)が躊躇なくプレッシングで対抗し、裏へと流れたボールをセンターバック(CB)の鮫島彩(INAC神戸)がキム・ユンミに触れさせずに回避する。役割を徹底させたこと、その役割を必ずこなせるという信頼のもと、前半はキム・ユンミを沈黙させることに成功した。

 攻撃では、右SBに入った高木ひかり(ノジマステラ)が積極的に前線へボールをつける。11分には櫨(はじ)まどか(伊賀FC)への縦パスを通し、好機を生んだ。ただ、このラインまではボールをつなぐことができるものの、敵陣は固く、そこから先への侵入がかなわない。岩渕真奈(INAC神戸)、田中美南(日テレ・ベレーザ)の2トップが足元にボールをおさめようとするや否や、瞬時に囲まれてしまう。両トップもなんとかシュートに持ち込んでリズムを引き寄せようとするが、結局前半は田中のシュート1本にとどまった。

 後半になると、トップの自由が利かない状況が変わりそうにないことを確認した高倉麻子監督は62分、岩渕に代えて今大会当たっている中島依美(INAC神戸)を送り出す。しかしその3分後、先制点を奪ったのは北朝鮮だった。

 パスカットから一気に前線へ運ばれ、一度はクリアするも、注意していたはずのキム・ユンミにこぼれ球を決められてしまう。ゴール前の人数は足りていても、効いていない。逆に北朝鮮は日本の穴をしっかりと見極めていた。2失点目は82分。右サイドの高木が振り切られてクロスを入れられると、中央のキム・ユンミから最後は逆サイドへ走り込んでいたリ・ヒャンシムに決められた。このゴールで勝負は決してしまった。

 “うまくても怖くない”――ここまでの日本の攻撃の印象だ。今大会でコンビネーションに変化を見ることもできたが、相手が北朝鮮レベルにまで上がると途端に元に戻ってしまった。ミスからの失点が多かった2試合を考慮し、ベースを固める作戦まではよかったが、北朝鮮の堅守をまったく揺るがすことができなかったのは、やはりアイデアと連係の不足感がぬぐえない。

 ある程度、2トップが囲まれることは予測できたはずだ。自陣での守備に引きずられたことを差し引いても、二の手三の手が必要だった。守備のリズムが確立され、なおかつボランチに入った隅田凛(日テレ・ベレーザ)が懸命の攻守で北朝鮮の中盤と対抗していた時間帯に、阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)を攻撃のサポートに上げて、両サイドとのコンビネーションプレーなどが生まれれば、また違った展開も見られたかもしれない。

 この大会で日本の守備を牽引したのは間違いなく鮫島だ。本来、左SBが本職だが、なでしこジャパンでは複数のポジションを担うことを求められる。その中でまさかのCBとして最終ラインをまとめ上げたことには”ベテランだから”の一言でくくるにはあまりある努力があった。

 今大会の最終ラインは、とにかく初もの尽くし。それでも鮫島のスピードと三宅史織(INAC神戸)の高さで何とかしのいでいたが、4人中3人の若手がずっと背負い切れるはずもない。韓国戦では手痛い失点も経験した。自滅するゲームが多く、その結果、課題は見えにくくなっていた。

 だが、北朝鮮戦は守備経験のある選手でしっかりと安定させたことで、明確になったことが多かった。正直ラインコントロールまで手が回っていなかったが、最終戦の前半はかなり高い位置でキープできていた。徐々に上げきれなくなったが、本職が張ったラインでも90分間維持することは難しいのだから、十分修正の余地はある。

 攻守をつなぎ切れなかったのは、「回せないほどプレッシャーはかかってなかった」と感じた鮫島、宇津木らと、「攻め込まれる前にプレスで追い込まないといけない」と意を決していた中盤の選手との感覚の差にもあったのではないだろうか。このあたりは現状を見極める力が必要だ。初めて北朝鮮と対戦する選手は追い込まれており、その状況が「ボールを回せるほどの余裕」とは受け止めがたい。この程度なら問題ないとわからせて、持ち場を離れさせることも時には必要だ。

 失点シーンも、今のなでしこを象徴していた。

「サイドを崩されるシーンは欧米相手には絶対にあるじゃないですか。崩されることを前提としたとして、そのとき中をもっと固めるのか、あまり外につり出されないようにするのか……」(鮫島)

 今後やられないために「こういう動きをしたらここがやられる」と試合中に感覚を研ぎ澄ましていた鮫島。最終的には、またお初の3バックの右サイドに移動し、オーバーラップから攻撃参加をしてみせた。「負けているときのパワープレーというのも今後必要」と鮫島は話す。

“成長枠”を外し、今組めるベストの人材でそのすべてを出し切って挑んだからこそ、見えてきた課題は、理想論ではなく現実論として、これからの強化に落としこむことができる。この2年は選手発掘・育成がメインの代表活動だった。ここまで現実的な課題が噴出したゲームは久しぶりだろう。

 高倉麻子監督が掲げるのは「誰が出ても遜色のないチーム」だ。あえてメンバーを固定せずにここまで来たのもそのためだった。しかし、まずはチームのカラーとなる基礎をある程度、固定メンバーで構築することも必要なのではないだろうか。実際、人が変われば間合いも変わる。ベースがなければまた一からやり直しだ。軸となる阪口、鮫島、宇津木、そして今回不参加の熊谷紗希(リヨン)ですら、未だ模索中に見える。鮫島の言う、サイド攻撃の対応を決めるだけでも、ひとつの方向性が示される。攻守にしっかりと色を作り、そこに新戦力をなじませ、多彩に色付けをしていく道もある。

 来年4月にはワールドカップ予選となるアジアカップがあり、出場権を獲得すれば、その翌年にはワールドカップだ。E-1選手権では初タイトルを逃したが、これまで以上に得るものもあった。高倉監督がどちらへ舵を切るのか――アジアカップまで4カ月。時間はそれほどない。

◆福田正博が予想。ロシアW杯「日本のH組以外」で大波乱があるのは?>>

◆元ヤングなでしこ田中陽子の目に涙。ノジマステラが悲願を果たした日>>