15日、米華字メディア・多維新聞は記事「一人飯続く、文在寅大統領が北京で受けた冷遇」を掲載した。文大統領が北京で受けた冷たい仕打ちに韓国では衝撃が広がっている。

写真拡大

2017年12月15日、米華字メディア・多維新聞は記事「一人飯続く、文在寅大統領が北京で受けた冷遇」を掲載した。

韓国の文在寅大統領は13日に中国を訪問、4泊5日の国事訪問が始まった。THAAD(高高度防衛ミサイル)配備問題で亀裂が入った中韓関係を改善するチャンスとして、韓国側では期待されていたが、文大統領が北京で受けた冷たい仕打ちに韓国では衝撃が広がっている。

到着した13日夜、文大統領はホテルで食事。中国側要人との会食は設定されなかった。翌日の朝食も同様だ。韓国紙の報道によると、中国滞在中の10回の食事のうち中国共産党指導部との会食が設定されたのは2回のみ。それ以外は「一人飯」だという。今年10月のドゥテルテ・フィリピン大統領、11月のトランプ米大統領と比べると待遇の違いは歴然だ。また韓国人記者が中国人警備員に暴行を加えられる事件も起きている。ようやく中韓首脳会談が実現するが、両国関係の雪解けにはほど遠いようだ。(翻訳・編集/増田聡太郎)