【閲覧注意】男子から見た「ar(アール)」のミドコロ!(1月号・前編)

写真拡大 (全14枚)

こんにちは! ライターのカツセマサヒコです。

女性誌「ar(アール)」を30代のおっさんが独断と偏見で解説する当連載。今月もしっかりとその魅力をお届けしたいと思います! 今回は、1月号(前編)!!

1月号は、“女”特集です。

「ふぅ〜ん…こういうの、好きなんだ?」

ってアテレコを付けようものならそれだけで男たちが屍の山と化す美人すぎる表紙を飾るのは、伊藤千晃さんー! 谷間がピンボケしているからまだセーフな感じで納まっていますけどこれでクッキリ・ハッキリ強調されていたらもう男性陣の鼻血で琵琶湖も真っ赤に満ちちゃうでしょ。

もちろん表紙だけでなくインタビューページも超絶セクシーでキュートでヘルシーでミクシィ〜! インタビュー内容も、激売れな写真集の話から、一児の母としての想い、オンナを全力で楽しむ覚悟までぎっしり書かれているので、女子必見です。(男子はとにかくエロく写ってる写真をひたすらガン見してください。でも鼻血出すなよ)

とくにこの“色っぽさは、脳と直接つながっている”って話はめちゃくちゃ奥が深いんですけど、“ジブンが観たものが、そのまま脳内でイメージされ、身体や表情に色っぽさとしてにじみ出る”ってお話されているんですよ。だから普段から見るもの、触れるものを大切にして、五感を磨いているのだと。

例えば映画を観るときは女優さんに恋するように観ていると、翌日の撮影で「色っぽくなった」って言われるのだとか。効果半端ない。僕もスターウォーズはそういう視点で観てみようと思います。後編のミドコロ書くころにはきっとジェダイになってるはず。

ずーみんに、ズーム・インーーーーッ!

さて、昭和臭全開な見出しで大変申し訳ないのですが、今月は欅坂46・今泉佑唯さんが「ar(アール)」に戻ってきましたー! せーのっ、ずーーーみーーーーーーん!!!!

この写真とかずっと見てたら「ん? 顔になんか付いてる?」って聞かれて「あ、いや、ううん…」って俯き気味に返すんだけど「あ、もしかして、見惚れてたでしょ?(笑)」ってイタズラな笑顔で近づいてくるもんだから「いや、そんなんじゃ…!?」って振り払おうとしたけどそのころにはずーみんのこの黒い首輪みたいなドセクシーなアクセントにもう僕の欅坂が全力坂になってしまってて息も切れ切れでチークどころじゃない感じになってしまってるんじゃないでしょうか要するに好きです。

NEXT:イマドキの絶対領域は脚じゃないらしい

イマドキの“絶対領域”は下まぶたのことを指すらしいよ

続いて紹介するのは、下まぶたを中心としたアイメイク特集―!
「オンナの絶対領域は下まぶた♡」ってでっかく書いてあるんですけど、そうなの? 僕が知らない間に太ももから下まぶたに引越ししちゃったの?? 絶対領域、なんですぐ引越ししちゃうん??? と思わず悲しい顔をしたくなるほど鮮烈なコピー。

ちなみに内容はメイクだけじゃなくて、下まぶたや目のクマについての医学的な解説まで書いてあります。クマには「茶グマ」とか「青グマ」とか「黒グマ」とかに分類できるらしいんですけど、絶対かわいい子熊がイメージされちゃうからこの名前ちょっと変えたほうがいいだろと思いました。

あと、一個だけ全力でツッコみたいんですけど、

いや、描くなよ……。
「なければ描いちゃえ泣きボクロ」ってそんな「泣くまで待とうホトトギス」なノリで言われてもちょっと無理がありません? 「ど〜〜〜〜〜しても今日は男をオトしたい! お持ち帰りされたい!」と思ったとしても、化粧を落としたら結局消えちゃうわけだからワンナイトでも怪しいじゃないですか。「色気5割増しは確実♡」だとしても取れた瞬間に5割減も確実ですから、そんな深夜のスーパーの惣菜コーナーみたくなっちゃうくらいなら、諦めて何もせず挑んだほうがいいんじゃないか!? と、個人的には思いました。「今後一生会う予定もなくて、会っている時間も2時間程度」とかだったら最強かもしれないですけどっ!

ちょっと早いけどチョコレイトがディスコしちゃうやつ

最後に紹介するのは、この冬の大本命・チョコレートカラーのメイクについて!
「なるほどーブラウン系のメイクが流行るのかー!」とふむふむ読んでいた31歳男性なんですが、


ビターチョコ


ダークチョコ


ミントチョコ

違いわっかんね。

女子ってこの細かなニュアンスの違いを把握できるの…? とくに「ビター」→「ダーク」の変化とか、わかる? これ、わかりっこなくない…? 「両方超絶かわいい来世も会いたい」しか思えなくない……? 「あ、メイク変えた!? 可愛い〜!」って出会い頭で言ってのける系わかってる女子、本当にすごいと改めて思いました。

おわりに

と、いうことで「ar(アール)」1月号の見所を好き勝手に紹介させていただきました!

後編は、「占いすげーぜ!」や「最近の仮面ライダーかっこよすぎじゃない?」などの話をしたいと思います! 1月号本誌を買って、予習してみてくださいね!!

それでは、またお会いしましょう!
大好きなあの人に好かれたい!と奮闘している女子、応援してるよ! がんばって〜〜〜!!!

そもそも「ar(アール)」ってどんな雑誌?


「ar(アール)」のコンセプトは、「ひとりモテ」。「ひとりモテ」というのは「自分の好きな人にだけモテる」という意味なんですが、「ファッションもビューティーもヘアも、全部好きな人のためにがんばるよ!」っていう女子を応援するためのトータルコーディネート誌なのだそうです。何それかわいい。好き。

 

TEXT/カツセマサヒコ
ライター・編集者
2017年4月に独立。小説、コラム、エッセイなど幅広く活躍中。
arwebで『雌ガール、三度目の恋をする』を連載。
Twitter: @katsuse_m

もっとカツセさんのことを詳しく知りたい方はこちら
カツセマサヒコの意外な一面を暴いてきた
カツセマサヒコの恋愛について暴いてきた