のぞみ34号の重大インシデント 停車は異変から3時間後だった

ざっくり言うと

  • のぞみ34号の台車で亀裂が見つかり、重大インシデントと認定された問題
  • のぞみ34号は、最初の異変察知から約3時間も運行を継続していたという
  • 亀裂がさらに拡大していれば、脱線に至った可能性もあったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング