みんな大好き!

毎年12月になるとGoogle(グーグル)はもっとも検索された単語を使った「検索から見た1年」をリリースします。その一年がどんな年だったかを振り返る良いイベントなのですが、今年は「どうやって(how to)/〜の仕方」から始まる文章の検索にフォーカスが当てられています。

「どうやって山火事が始まるのか?」「嵐の間に犬をおとなしくさせ方法」など、どんな質問がこれまでと比べて多く尋ねられたのか、こういった「どうやって」という質問はその年のイベントを強く反映させています。

GoogleのデータエディターであるSimon Rogersはブログポスト「2017年に私たちが尋ねた質問」で次のように書いています。

ビデオの中に取り上げられている「どうやって?」という質問たちはそれまでと比べて10倍以上も今年、検索された質問になっています。これらの疑問は我々の経験を理解したいという共通の願い、お互いを助けたいという願い、そして究極的には世界を前進させたいという願いを反映させています。

このブログポストでは「洪水の被害者を助ける方法」「難民を助ける方法」といった利他的な検索結果にフォーカスを当てているのですが、実際の純粋な「どうやって(How to)/の方法」検索のランキングを見てみるとちょっと様子が違っています。こちらのリンクでも確認できますが、下にトップ10を並べてみます。

1: スライムの作り方

2: 日食メガネの作り方

3: ビットコインの買い方

4: メイウェザー対マクレガー戦を観る方法

5: フィジェットスピナーの作り方

6: 日食の見方

7: クレジットカードを停止させる方法

8: パワーボール(宝くじ)のやり方

9: スクリーン録画の仕方

10: お腹のぜい肉をすぐに無くす方法

うーんこれは納得のランキングです! フィジェットスピナーや日食メガネといい、ちゃんと年のイベントを反映していますね!

確かに今年の日食はアメリカに住んでいる人にとってはメディアも大騒ぎの一大イベントでした。ランキングに2回登場しているのも不思議ではありません。メイウェザー対マクレガー戦はボクシングの試合ですが、大勢の人たちがインターネット経由で違法に観戦をしたことでも話題になりました。

しかしここでどうしても注目せざるを得ないのは堂々の一位です。スライムの作り方です。日本でも工作などでスライムが登場した時は大人気になりますが、アメリカではインターネットのランキングでトップを飾るほどの人気なんですね。実は去年のランキングにも登場していた「スライムの作り方」検索、4位から1位へとジャンプアップです。スライム、よっぽど好きなんですね...。

アメリカにとっては政治や市民間のデモや暴動、銃撃テロなど陰惨なニュースが続いた1年でしたが、米GizmodoのJennings Brown記者は「ネバネバと気持ちの悪い物を思い出させる1年だったのかもしれない」と推測しています。しかしネットでの人気を裏付けるように、米Gizmodoもしっかりとスライムの作り方を説明する記事をこれまでに書いていました。

これだけスライムのことを考えてると、ちょっと手に握りたくなってきますね。



Image: Google / YouTube
Source: Google
Jennings Brown - Gizmoso US[原文]

(塚本 紺)