劇場版『ドラゴンボール』20作目、来年12月公開決定 テーマは“戦闘民族・サイヤ人”

写真拡大

 鳥山明原作『ドラゴンボール』の劇場版シリーズ20作目が、来年12月に公開されることが決定した。

参考:『ONE PIECE FILM GOLD』は現代版の任侠映画!? 尾田栄一郎がモチーフとした作品を探る

 『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1984年から1995年まで約10年半にわたって連載された『ドラゴンボール』。連載終了後も、新作アニメ・ゲームが展開され続け、世界中から人気を得ている。

 劇場版は、1986年の【東映まんがまつり】の1編『ドラゴンボール 神龍の伝説』から始まった。2013年に17年ぶりに公開された劇場版『ドラゴンボールZ 神と神』は興行収入29.9億円を記録し、2015年公開の 『ドラゴンボールZ 復活の「F」』も興行収入37.4億円のヒットを記録。2作品の延長線上となるTVアニメ『ドラゴンボール超』が現在放映されている。

 3年ぶりとなる劇場版はシリーズ20作品目。前作に引き続き、原作者の鳥山明が原作・脚本・キャラクターデザインを手がける。注目のテーマは“宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人”。『神と神』以降、超サイヤ人ゴッド、ブルーといった新たな進化を遂げてきた悟空たちサイヤ人、そしてそれに負けじと様々な宇宙の強戦士が登場してきた中で、改めて“宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人”の存在、悟空たちの強さの“原点”を描いた作品になるようだ。

劇場版シリーズ一覧・『ドラゴンボール 神龍の伝説』(1986年12月20日)・『ドラゴンボール 魔神城のねむり姫』(1987年7月18日)・『ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険』(1988年7月9日)・『ドラゴンボールZ』(1989年7月15日)・『ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ』(1990年3月10日)・『ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦』(1990年7月7日)・『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』(1991年3月19日)・『ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強』(1991年7月20日)・『ドラゴンボールZ 激突!!100 億パワーの戦士たち』(1992年3月7日)・『ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人』(1992年7月11日)・『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』(1993年3月6日)・『ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』(1993年7月10日)・『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』(1994年3月12日)・『ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ』(1994年7月9日)・『ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』(1995年3月4日)・『ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』(1995年7月15日)・『ドラゴンボール 最強への道』(1996年3月2日)・『ドラゴンボール Z 神と神』(2013年3月30日)・『ドラゴンボール Z 復活の「F」』(2015年4月18日)

(リアルサウンド編集部)