KinKi Kids 堂本光一、DAIGOと北川景子の関係性に嫉妬 「なんか腹立つわー!」

写真拡大

 12月15日に『堂本兄弟2017聖なる夜がやってくるSP』(フジテレビ系)が放送され、堂本光一(KinKi Kids)、堂本剛(KinKi Kids)、高見沢俊彦、槇原敬之、西川貴教、DAIGO、高橋みなみ、ゲストに坂上忍、深田恭子、篠原ともえ、森山直太朗が出演した。

参考:KinKi Kidsの楽曲はなぜ色褪せないのか 合作曲「Topaz Love」にも表れた“ふたりが歌う意味”

 深田、篠原を交えたトークでは、深田が2人の甥っ子に夢中という話題に。西川が「こんだけ可愛いと自分のお子さんとか、結婚したりとか」と深田に話を振ると、「もっと可愛いんでしょうね」とコメントした。西川は次に篠原に話を振ると、あからさまに話をすり替える篠原。「ご自身だって5バツだっけ?」と西川に聞き返し、「いつの間にそんなことになってんの……」と西川は動揺を隠せない様子を見せた。堂本兄弟メンバーで唯一の既婚者のDAIGOは「一番嬉しいのは『MA』ですね。『毎日/会える』」とDAI語で話すと、光一は「それが10年、20年になってくると毎日会うのが嫌やなぁとかなっていくんちゃう?」と投げやりな態度でぼやき、西川から「お前どんなスタンスやねん!」とツッコミを受けた。

 また、DAIGOの話を受け、深田が「昨日奥様(北川景子)に『旦那様と(仕事が)一緒です。よろしくお願いします』ってメールしたんですよ。そうしたら『「堂本兄弟」だね。こちらこそよろしくお願いします』っていうメールが来て」と明かすと、光一が「よろしくお願いしますってあの人が言うの? なんか腹立つわー! これは単なる嫉妬やね」と悔しそうな表情を浮かべていた。

 さらにゲストに森山が登場。元々、森山はゲストに入ってはいなかったが、10月29日にさいたまスーパーアリーナで開催された『テレビ朝日ドリームフェスティバル2017』に森山とKinKi Kidsが出演。その際に、森山が自身の楽曲「どこもかしこも駐車場」を歌った時に、剛が「自分なんやねんあれ〜。めっちゃ盛り上がってたやん」とコメントをくれたというのだ。当日の様子について改めて剛は「ずっと駐車場って言ってるから、『何なん? あの歌』って言って。僕らが歌う前にずっと駐車場ばっか言って」と解説。剛が「タイムズ(コインパーキング)とかと関係あるの?」と述べるとスタジオに笑いが起きた。光一はラストの<そろそろ火星に帰りたい>という歌詞に注目。「火星から来たから『まだ駐車場なんて使ってる文明なのかよ』と」と火星人からの視点の歌詞なのではないかと話すと、森山は「すごい深読み」とコメント。光一は「ぱっと見ると何を言ってんだろうなと思うんだけど、でも直太朗くんの声で聞かされると、なんか入ってくるし不思議な曲ですよね」とも話した。森山は楽曲について、「そういうのを歌いたいって思っちゃったんですよね。ここが結局みたいなことをしのごの言い出すと、どんどんお客さんの想像を奪っちゃったりもするし。みんなで楽しく歌うと違う景色が見えてくる」と解説。森山の話に剛は「この曲は謎めいた癖がある」と述べていた。

 音楽セッションでは森山直太朗「どこもかしこも駐車場」、KinKi Kids「Topaz Love」を披露した。(向原康太)