バスケ部のマネジャー増田希美香を演じた山口まゆ/(C)カンテレ

写真拡大

井上真央主演ドラマ「明日の約束」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジ系)に生徒役で出演中の4人の若手女優にフィーチャー。番組プロデューサーの河西秀幸氏が「とにかく役柄に合う方にお願いした」と起用を明かす山口まゆ、井頭愛海、夏子、竹内愛紗がドラマ出演の感想などを語った。

【写真を見る】井頭愛海は、クラスの学級委員長・田所那美を演じ感情を爆発させたシーンにも挑戦/(C)カンテレ

12月19日(火)に最終話を迎える同ドラマは、高校のスクールカウンセラー・日向(井上)が、人間関係に葛藤しながら男子生徒の吉岡圭吾(遠藤健慎)の死の謎を究明するヒューマン・ミステリーだ。

■ 山口まゆ「将来は井上さんみたいな女優になりたい」

母親のネグレクトに悩む2年生のバスケ部マネジャー・増田希美香を演じる山口。第1話では、日向と相談の上、母親に絶縁を言い渡すシーンを熱演した。

【山口コメント】

今年の夏に、大人っぽく見えるようにとか、内面を変えたいと強く思っていた時の「明日の約束」出演でした。この作品を機に、何かを変えようと思って、芝居に関してより深く考えたり、いろいろな人の意見を聞いたりして、常に、次の演技に生かせるように、役が自分の中にもっと入ってくるように取り組みました。

一番近くにいた井上真央さんからすごく刺激を受け、吸収させていただきました。芝居の仕方や現場でのふるまいなどを見ていて、大好きになりました。そして、本当のカウンセラーのようにいろいろと話も聞いて下さいました。将来は井上さんみたいな女優になりたいです。

芝居では、考え過ぎたり頑張り過ぎたりしてしまうところがあるので、“素”の状態で現場に入って溶け込み、その場の雰囲気を大事にしながら演じられるような女優になりたいです。

■ 井頭愛海「同世代と一緒に芝居できたことがうれしかった」

自殺した圭吾と同じクラスの学級委員長・田所那美役の井頭。感情を爆破させながらクラスメイトに責任を問いかけたり、生前の圭吾の出来事を日向に伝えたりと、死の真相追究のために行動を起こしてきた。

【井頭コメント】

「明日の約束」は芝居への意欲が以前よりさらに増した作品でした。そして、同世代の方々と一緒に芝居ができたこともうれしくて、勉強にもなりました。

表情や目線など、もっとうまくできたんじゃないかと反省することもありますが、自分の中では、次の撮影に、次の撮影にと、つなげてきたつもりです。その変化をちょっとでも感じて頂けたならうれしいです。井上さんはいちばん周りを見ている方で、本当に優しくてすてきだなと思いました。

皆さんから尊敬されるような女優になりたいと、改めて思いました。例えば及川光博さんのように、現場を和ませて周りを安心させるようなことも出来たら良いなと思います。

今回演じた那美はおとなしい役でしたが、もっとはじけた役やシリアスな役にも挑戦して、幅を見せられる女優になりたいです。人としても、「すてきだな」と思われるようになりたいと思います。

■ 夏子「この顔と声で表現できる”味”の出る女優になりたい」

圭吾と同じクラスの”姉御”的存在の上野由衣を演じた夏子。第2話では、クラスメイトに責任を問いかける那美に対して「あんたもだまって見てただけでしょ!」と強い口調で切り返すシーンも。

【夏子コメント】

由依はクラスのみんなの思っていることを代弁するようなところがあるので、言いたくないきついことを言わなければならないこともありました。それが視聴者にどう受け取られるか…難しかったし、注意して臨んでいました。初の地上波連ドラ出演でしたが、一回一回、演技を重ねるごとに余裕が出来てきて、考えられることの幅が広がった気がします。

井上さんにしても及川さんにしても、その女優さんや俳優さんが演じるからこそ出る“味”のようなものが絶対にあると思います。そうしたものを間近で見ていて、自分もこの顔と声で表現できる、“味”が出る女優になっていきたいと思いました。

今回とは違った明るい役にもチャレンジしていきたいのですが、“陽”より“陰”の方が似合うとよく言われるので(笑)、そちらが得意なら、もっと研究していきたいなと思います。

■ 竹内愛紗「英美里の孤独感やつらい思いを感じつつ演じていた」

”毒親”真紀子(仲間由紀恵)の娘で圭吾の妹・英美里役の竹内。兄とは対照的に、家庭で愛情を受けずに育てられたことに悩みを抱え、ついに真紀子に自身の思いをぶつけけた。

感情を表に出さず、心の中に闇を抱える役でしたが、その中でも、表情の小さな動きで訴えられるように鏡を見て練習しました。井上さんや仲間さんとのシーンでは、お二人のお芝居に引き込まれ、英美里の孤独感やつらい思いを感じつつ演じていました。

今回は心に闇を抱える役でしたが、どんな役であっても、「人ってこういう時にはこういうくせが出るんだ、こういう表情をするんだ」ということをよく考えて表現できる女優になりたいです。

まだまだいろいろなものを見て、学んでいきたいと思っています。そして、誰にでも“愛さ”れるような“愛紗”になりたいです。

12月19日(火)放送の最終回では、日向が圭吾の自宅を訪れると、亡き息子の気持ちが分からないと絶望する真紀子を発見する。圭吾と真紀子に、自分と母・尚子(手塚理美)との関係を重ね合わせた日向は、自分も幼い頃から親の愛情に苦しんできたと告白し、自と尚子との関係を話し始める。(ザテレビジョン)