カセット再注目なぜ?

写真拡大

アナログレコードのリバイバルブームが起きて久しいですが、それと同時にカセットテープにも注目が集まっています。これはなぜなのでしょうか。

コンパクトで良い

カセットテープは、もともとはオープンリールで使われていた磁気テープをひとつのフォーマットに落とし込んだものです。コンパクトで軽量というのがひとつの魅力といえるかもしれません。CDよりも場所を取らないので大量にコレクションするのには向いているでしょう。

データはダウンロード

さらに、現在は音楽はデータによる配信が主流となっています。すでにCDの時代でもなくなっているのです。音楽で発売されるカセットテープにはデータのダウンロードコードがついていますから、データをダウンロードして聴きながら「もの」は手元に置いておくといったこともできるでしょう。

劣化するカセット

さらにカセットは経年劣化による音質の変化があります。テープが伸びることによって音が間延びして聞こえるようになります。それが音源に対して、独特の味わいを与えるようになるところもカセットテープの魅力といえるでしょう。カセットテープは音が時の流れとともに変化してゆく生身メディアといえるかもしれません。