深センの強さは、高速設計・高速製造を可能にする独特のエコシステムにある。深セン・華強北電脳街の「賽格電子市場」で、特注プリント基板の製造を受け付けている業者。(写真=iStock)

写真拡大

「中国のシリコンバレー」と呼ばれる新興都市・深セン。その成長ぶりには世界中が驚いている。だが一方で、香港の隣という気軽さから、日本ではうわべだけをなぞった記事も乱発されている。深センはなぜ急成長したのか。どこがすごいのか。評論家の山形浩生氏が2冊の書籍からその背景を解説する――。

■始まりは「香港のコバンザメ都市」

藤岡淳一『「ハードウエアのシリコンバレー深セン」に学ぶ』(インプレスR&D)は、薄いながら実に希有な本だし、日本の現在、そしてこれからのものづくりやイノベーション環境すべてに対する示唆を持つ実におもしろい本だ。

言うまでもなく日本の製造業というと、近年ではあまり明るい話題がない。日本のものづくりはすごい、という思いこみばかりが強い一方で、時代をリードするような新製品を作ることもできず、目新しさではアメリカに負け、価格では中国やアジアに負け、「いやでも高価ながら品質は」と虚勢を張っていたら、その品質も実は偽装だらけだったというていたらく。

そしてそのものづくりの新しい方向性があれこれ模索される中で、世界的にイノベーションやらIoTやらといった文脈で、中国の深センという都市がときどき取り上げられているのを目にしたことのある方も多いのではないか。香港の隣、中国本土側すぐのところにある都市、というより30年前に、まさに香港の隣の何もない更地に、香港のコバンザメ都市として作り上げられた人工都市だ。

■壮絶な数の町工場ネットワーク

ここは最近になって、ハードウエアのシリコンバレーとしてもてはやされている。そしてそれは確かに、そう呼ばれるだけの中身がある場所なのだ。実はこのぼくも、何もない荒れ地だった時代から深センには何度も通い、その変化に驚愕(きょうがく)しつづけてきたし、そして過去2年くらい、まさにエレクトロニクスやハードウエア開発のメッカとして台頭してきた深センについて、おもしろいぞと旗をふってきたこともあり、次第に注目が集まってきたのはうれしい。それを取り上げるメディア記事なんかも増えてきた。

でもその相当部分は、実に皮相なものだ。香港の隣で、行こうと思えばすぐに行けてしまう気軽さが、かえって安易な記事乱発を招いている。高層ビルの乱立に感心し、そこに行き交うシェア自転車の洪水に驚いて、さらにもはや現金がほとんど淘汰(とうた)され、各種支払いがスマホのQRコードで決済されているのに未来を感じ、華強北の電子街に圧倒されて、何やら街のパワーに驚いてみせる――これが定番だ。もう少しお金がかかった記事だと、いまや大企業となったHUAWEIやテンセントなどを訪ねて通り一遍のヒアリングをしておしまいだ。

でも、いったいなぜここがハードウエアのシリコンバレーとまで言われるのか? この地では、すさまじい勢いで、各種のパチものハードウエアが量産され、それがむきだしの市場原理で淘汰されてきた。そしてその超高速なパチもの開発を可能にする仕組みが、まさに超高速な少量多品種のプロトタイプ生産を可能にしている。それは、地域に密集する壮絶な数の町工場ネットワークであり、それが作り出すエコシステムとも言うべきものだ。その中身まで踏み込んだ話はなかなか見られない。

でも、それがなければこの都市が持つ真の強みはまったく見えてこない。そしてもちろん、そうした現場の本当の実態は、多少の工場見学などでは十分には見えてこない。実際にその中に入って生産を行い、取引を行った人でないと、本当のところはわからない。そこまで入り込んでいる人の話を聞く機会はなかなかなかった……いままでは。

■「深セン流モノ作り」を内側から解剖

そこに出てきたのが、本書『深センに学ぶ』だ。

本書の著者藤岡氏は、10年前から深センで、まさにその生態系にどっぷり浸かったモノ作りを実践してきた珍しい人物だ。当然ながら、その中で中国の業界慣習や日本の期待とのずれなどについても、身をもって学んできている。単純なコピー商品もどきから、次第にオリジナルな製品開発を行い、やがて独立して深センに自社ラインを設置して深センのエコシステムを最大限に活用した、高速開発と生産の仕組みを構築する一方、日本側のニーズに応えるための品質管理システムをあわせて構築している。本書にはそのすべてが描かれている。

深センが速くて安いのは事実ながら、それにはそれなりのトレードオフがある。それを理解したうえで、自分の製品の中でそのトレードオフをどこまで受け入れるか、という覚悟と決断が必須だ。無数の業者がいるエコシステムは、その無数の中から選択を迫られるということだ。安さはしばしば、信頼性や品質の犠牲の上に成り立っている。でも高品質の部分は日本製、あとは深センといったやり方は、ここのエコシステムでは使えない(その理由も説明されている)。

一方で、特にエレクトロニクス分野では製品の改良サイクルが(特に深センでは)極めて速い。変に品質を重視するより、1年で壊れて買い換えることを前提に安く速く市場に出す戦略もあり得る。そうした判断は、部品調達も含めた現場の状況に応じ、ほぼその場で決める必要がある。それができるだろうか?

本書のおもしろさは、それが深センでのモノ作りの苦労と同時に、それを使おうとする日本企業などのダメさかげんに対するかなり厳しい批判になっていることもある。日本の決断の遅さ、中国にいるのに日本人ばかりで固まり何も学ばない単なるコストセンターとしての海外駐在、深センのメリット活用を阻害する柔軟性のなさ、変な優越感と上から目線――それは冒頭に述べた、日本の製造業が直面しているさまざまなトラブルとも通底するものだ。

■日本企業が忘れた、アイデアと商品化の「速度」

いまだに深センをはじめ中国産というと、低品質だ、安かろう悪かろうだ、使えない、信用できない、といった揚げ足取りに終始して、日本ものづくり幻想に安住したがる人も多い。でも本書を読むと、もはやそんな状況ではないことがわかる。すでに中国での生産はかなりの品質も担保できる。ただしそれなりの対価が必要になるというだけだ。また失敗に鷹揚(おうよう)でこれからの可能性に着目して、事業トラブルに直面した著者を受け入れてくれる中国企業に対し、昔の失敗をグチグチあげつらうだけの日本企業への論難もある。

日本の経営者は、しばしば松下幸之助などのつまらない(とぼくは思う)経営哲学本などを読んで悦に入る。でもおそらく、松下幸之助で見習うべきなのは、そんな変な経営理念だのではないはずだ。大正時代に勢いだけの思いつきで廉価な二股ソケット製造法を考案し、それを速攻で商品化して売りさばいたアイデアと商品化の速度のほうなのだ。経営理念だのなんだのは、それが成功した後のあとづけの理屈でしかない。

たぶん深センの現状、そして藤岡のこの本が教えてくれるのも、まさにその、すばやく条件にあわせてさまざまなものを作り込んでいく能力が持つパワーであり、そしてそのプロセス自体が持つおもしろさだ。経営理念なんてのは、そのプロセスの中にしか存在しないのだ。

いまや、各種の深セン見学ツアーなども増えてきた。読者のみなさんで、まだこの街を訪れたことがない人は、ぜひプライベートでも業務視察でもかまわないので、一度観てみてほしい。香港から電車でわずか1時間弱だ。できれば、事前によく調べて皮相的なレベルで終わらない訪問にしてほしいけれど、でもまずはQRコード決済や街を走り回るホバーボードや飛び交うドローンに驚くだけでもいい。そして実際に訪れる前と後で、本書をざっと読んでみてほしい。日本製造業の将来に不安を感じている人なら、何かしら得るものがあるはずだ。

ある意味で『深センに学ぶ』は、簡潔ながらいささかディープでもある。もう少し軽いレベルでの深センモノ作りに触れたい読者は、同じシリーズの高須正和編著『メイカーズのエコシステム』を見てほしい。

ディスクロージャーしておくと、この本にはこの山形も、歳寄りとして深センの歴史解説を寄稿しているけれど、本書はまだ本格的な製造には至らないながらも、ホビーレベルで深センを訪れた人々が何を感じたか、そこにどんな可能性を見いだしているかについて述べている。深センを(多くの人は初めて)訪れた際の素直な驚きと、まだ量産には至らないながらもさまざまなモノ作り活動を行うにあたり、深センのエコシステムがいかに活用できそうかについての実に多様な考察を行っている。

■日本製造業復活の最後のチャンス

それはまさに、メイカーズ運動(編集部注:オンラインコミュニティや3Dプリンターなどのデジタル・テクノロジーの力を借りて、個人や小集団が主役となる新しいモノ作りの動き)のメッカとしての深センを扱ったものだ。藤岡の本にもある通り、このメイカーズ運動はひょっとすると、過去20年以上にわたり景気停滞に見舞われ、それに対応するために内にこもった縮小(そして時に偽装)に頼ってきた日本製造業復活の最後のチャンスかもしれない。

なるべく多くの人が、この藤岡なり高須なりの本を手に取り(というか、いずれもAmazon Kindleの電子本が基本で、手に取れる物理的な書籍はオンデマンド刊行だ)、いま生まれつつある新しいモノ作りの仕組みに自ら触れ、活用しようという気概と希望を抱いてほしい。

----------

山形浩生(やまがた・ひろお)
評論家、翻訳家。1964年生まれ、マサチューセッツ工科大学修士課程修了。大手シンクタンクで地域開発や政府開発援助(ODA)関連調査を手がけるかたわら、経済、文学、コンピュータなど幅広い分野で翻訳・執筆を手がける。著書に『新教養主義宣言』、訳書にポール・クルーグマン『クルーグマン教授の経済入門』、トマ・ピケティ『21世紀の資本』、フィリップ・K・ディック『ヴァリス』など多数。

----------

(評論家、翻訳家 山形 浩生)