小野正利が語る、25年の音楽人生とシンガーとしての変化 「今は歌そのものをしっかり歌いたい」

写真拡大

 小野正利が、12月13日にデビュー25周年アルバム『VS』を発売した。

 そのハイトーンボイスが高く評価され、1992年に発表した3rdシングル『You’re the Only・・・』が114万枚を超えるヒットを記録、その年の『NHK紅白歌合戦』にも初出場を果たした小野正利。その後もバラード曲を中心とした楽曲を歌唱してきたが、2009年にはヘヴィメタルバンドGALNERYUSに加入し、活動の幅をさらに広げた。アルバム『VS』では、マライア・キャリーやセリーヌ・ディオン、ボン・ジョヴィ、エルトン・ジョンといった往年の洋楽曲をカバーし、さらに多彩な歌を響かせている。

 1992年のデビューから25年が経った今年、小野自身も50歳を迎えた。デビュー当時を振り返りながら、ポップスの歌い手からはじまり、GALNERYUSへの加入、ボーカルスクールのプロデュースなど、様々な立ち位置から「歌」に向き合ってきた25年、そしてその間の変化など、じっくりと語ってもらった。(編集部)

■「この先も自分との戦いはある」

ーー25周年を振り返ってみていかがですか?

小野正利(以下、小野):あっという間でしたね。自分はこんな感じですから、まあ冗談2割本気8割で、威厳も何もないし、オーラも気配もないしって言ってるんですけど(笑)。結局は、この仕事も僕一人じゃなし得ないことですから。結果論的な言い方になりますけど、色んな人との出会いがあって、助けていただいてフォローしていただいて、25年経っても歌えてる。デビューした時は、漠然と50歳になってもロックがかっこよく歌えてたらいいなと思ってたのですが、実際にその状況になってみると、ここに至るまで色々なことがありましたが、今25周年、50歳でいい環境にいさせていただいて、ありがたいなと思います。

ーー音楽業界も含めて時代の雰囲気は大きく変わりましたよね。その中で歌い続け、こうして25年を迎えたことはすごいことだと思います。

小野:他に何もできないですからね(笑)。言ってしまえば、歌うのが好きで歌ってきてるというのが一番なので、音楽に特別精通してるかっていうとそうではない。今回のアルバムだって、どういうアレンジにするか、誰にアレンジャーを頼むか、ドラムは生でいくのか、誰に頼むのか、僕はそういうことは、かっこよく言えば「良きに計らえ」というか、あまりタッチしないんですよね。そういう意味でも、周りにアイデアをくれて支えてくれる人がいてよかったなと。

ーー今回のアルバム『VS』は具体的にどんなところから立ち上がったプロジェクトでしょうか。

小野:25周年の記念らしい動きをしましょうよ、と。僕としても、何か特別なことをやれればなと思っていました。

ーー2011年にリリースした『The Voice -Stand Proud!-』は、ハードロックメタルが選曲されていましたが、今回は歌唱法も含めて様々な音楽性が入った作品ですね。

小野:そうですね。『The Voice -Stand Proud!-』は、作り手としてはGALNERYUSのボーカルがソロアルバムを発表しました、というものでした。今回はあくまで、25年間ずっとポップスを歌ってきたソロの歌い手である小野正利がカバーをやりますということなので。あまりロックテイストの強い曲は選曲から外れるんじゃないかって思ってたんですけど、結果的には、男性曲の方にヴァン・ヘイレンの「Dreams」が入ったりとか。

ーー「Danger Zone」(ケニー・ロギンス)や、「Livin’ On A Prayer」(ボン・ジョヴィ)もそうですね。一方で、エルトン・ジョンの「Your Song」は、小野さんの声の柔らかい感じと非常に相性が良いなと。ボズ・スキャックスの「We’re All Alone」なども、ミドルテンポの美しい曲を見事に歌ってらっしゃるのがソロシンガー小野さんのひとつの姿なのかなと感じました。

小野:「Your Song」の<It’s a little bit funny>という出だしの部分は、自分でもよく歌えてると思う。あれ? なんかちょっと俺これイケてるんじゃないの? みたいな(笑)。レコーディングは曲数的にも大変でしたけどね。正直言ってしまえば、先ほど言ったように歌うことが好きで歌ってきて、学生時代も、先輩からこれを聞けと音源渡されたり、あるいはそんな歌い方ダメだ、この歌い手を見習えだとか言われてきたんですけれど、僕は自分から楽曲を深く掘って行ったりする人ではないんですね。それでも、当時のヒット曲は世の中に日常的に流れてて、積極的に聞きに行かなくても耳に入ってくる。ボズ・スキャックスもそのひとつですね、「Your Song」は今回初めて歌いましたし。

ーーでは選曲はスタッフのみなさんと一緒に?

小野:そうですね。あとは、ファンクラブイベントでファンの皆さんのリクエストを募ったので、その曲も入っていたり。僕も希望を出しつつ、スタッフさんにはじかれ(笑)。逆に僕は歌えるわけがないって言ったのに、スタッフの強い押しで「A Question Of Honour」(サラ・ブライトマン)が入れられてて。

ーーこれはすごいと思いました(笑)。

小野:僕からするとマライア・キャリー、セリーヌ・ディオン、ホイットニー・ヒューストンは手を出しちゃいけない人たち。日本で言ったら、たとえば美空ひばりさんやちあきなおみさんに手を出すようなもので、恐れ多いですから。でも、ホイットニーは1曲だけチャレンジしたい曲があるから、それならやってみたいと言ったら、結局マライアもセリーヌも歌うことに(笑)。でもレコーディングして形になってみると、今25周年で50歳で歌ったこのテイクがこういう形に残せてよかったなと思います。今時のレコーディングの仕方からすると考えられないですけど、マライア・キャリーは歌を録るのに4時間かかりましたからね、もう泣きべそかきながら(笑)。それがレコーディングの初日だったから、先が思いやられるなと思いましたけど。

ーーいやいや。今でもしっかり声が出るなという実感は、ご自身でも感じられたんじゃないですか。

小野:いやぁ、どうなんでしょうね。オリジナル通りに歌おうとは思ってないですけど、曲をまず覚えるために聞いてると、だんだん腹立ってくるんですよ(笑)。原曲のテイクのようにいかなかったり、「この節回しとか、俺にはできねーよ」って(笑)。今回曲によってアレンジャーも違うので、その時々でレコーディング現場でディレクションしてもらって。やはり人によってはディレクションの仕方が違って、「小野さん、それ確かにオリジナルそうだけど、別にいいじゃないですか、小野さんが歌ってるカバーなんだから」と言われて「そうかそうか」とやった時もあれば、僕が「ここはこうやってみようかな」って歌ったら「そこは、原曲通り歌ったがいいんじゃないですかね」と言われ「じゃあそうしてみます」という時も。

ーーアレンジャーの方の個性もあったということですね。

小野:はい。ここだけは外せないっていうのは、もちろん僕もあるんですけど、25年歌ってるとかっこよく言えば自分の歌い方が定まってるんですけど、悪く言えば硬直化して他の工夫ができなくなったり、自分でいつも工夫しようと思いながらも案が浮かんでこなかったりするんですね。だから、今回はなるほどってその度に納得しながらやってましたけど。でも、曲よっては何時間もかけたり、どハマりしながらレコーディングしましたね。

ーーそのように向き合ったり戦ったりというのが、『VS』(ヴァーサス)というタイトルにも表れてるんですね。

小野:そうですね。まあ25年で、区切りがいい年ではありますが、僕もこの先歌っていきたいと思っていて、この先も自分との戦いもあるだろうし、この先も見据えたタイトルになりました。

■「“わびさび”や感情の部分も出せたら」

ーーどれも難しい曲ではあると思うんですが、一番戦い甲斐があったものはどの曲に?

小野:「A Thousand Miles」(ヴァネッサ・カールトン)は、聞いた時に「ノリ一発じゃん、楽勝楽勝」と思ってたら、僕にはノリがないっていうのを忘れてたんですよ(笑)。レコーディングに入ったらあれ? と。

ーー本当ですか。ノリというのは具体的にどういう?

小野:ネイティブばりに英語が喋れたらまた全然違うんでしょうけど、やっぱり日本語と英語は、もともとの言葉のリズムが違いますから。日本語のポップスやロックを歌う時ももちろんグルーヴやリズム、ノリがありますけど、色々考えていくと基本一つの音に一文字しか乗せられない日本語でグルーヴだなんだって難しいと思ってるんですよ。英語ってやっぱり一音節でできてる単語だと一つの音に一つの単語が乗って、その単語にもアクセントがあるから、一音でノリが出せる言語なんですよね。そういうところで、どうしても歌がペタッとなってしまって発音がちょっと違うとチェックが入ってハマってしまうんですよね。

ーーなるほど。たとえばフィル・コリンズは実は癖のある歌声ですが、小野さんが「Against All Odds」を歌うとすごく透き通った、綺麗なポップスになる印象でした。GALNERYUSとしてハードロックを歌う時と、ソロとしてポップスを歌う時、ご自身としては分けてる部分、あるいは繋がってる部分はありますか?

小野:あまり分けてはいないと思います。GALNERYUSに加入した時に、アマチュア時代にヘビーメタルもやっていたこともあって、ソロとは違うのがよかろうと自分で思っていて。でも長年ポップスを歌ってきたからなかなか上手くいかず、どうしようと思ってたんです。でも、GALNERYUSでも加入早々に、ポップスを歌ってる僕の歌い方や声を聞いて誘ったんだという話をして、そのままでいいと言われて。

ーーあらためて、小野さんのハイトーンボイスには驚かされました。

小野:選曲基準をどうするかとスタッフと話していた時、25年経って50歳でもまだこんな高い声がでますという感じなのか、あるいはそうじゃない方向で深みを出すのか、という話になって。たとえば20年前で30歳の時に作っていたとしたら、カバーした曲のオリジナルの雰囲気を無視して「Your Song」や「Danger Zone」、「Never Gonna Give You Up」のキーを上げて歌いたいって言ったと思うんですけど、今だと、オリジナルのキーでしっとり歌うのがいいんじゃないの? という気持ちなんですよね。女性曲も昔だったらちょっと無理してでも「オリジナルキーで歌う」と言い張ってたと思うんですけど、今は歌そのものをしっかり歌いたい。

ーーエルトン・ジョンの「Your Song」のしっとりとした歌い方がまさにそうですね。

小野:フィル・コリンズの「Against All Odds」は半音上げたんですけど、もう半音上げても良さそうかなと思って試しにパッと上げて歌ってみたら、ディレクターが「あんまり上げるとやっぱりAメロの切なさが消えちゃう感じがする」と。やっぱり自分にとってのある程度の適正キーを心がけてはいるんですが、無理して高い声出す必要もないなと思いました。

ーー先ほど20代30代との比較の話もありましたが、歌への向き合い方についてはどうでしょう。ソロの歌い手であり、バンドのボーカリストであり、歌の指導者でもある。楽曲を声を通して表現していくことに対して、客観的にご覧になることもあると思うんですが。

小野:そうですね。一番はやっぱり声。声の説得力が必要だなというのは相変わらず思ってます。若い時はどちらかというと技術的な部分を気にかけて歌ってることが多かったんです。でもここ数年はもう少し日本語でいうところの「わびさび」だったり、感情の部分も出せたらなと。

ーーなるほど。『VS』には新曲「Never say good-bye」も収録されています。林哲司さんの書き下ろし楽曲ですが、これは小野さんたっての希望で?

小野:そうなんです。僕の世代だと、上田正樹さんの「悲しい色やね」とか、杉山清貴さん、オメガドライブなど、かっこいいなと思ったものはみんな林哲司さんなんです。それで自分が歌手として活動するようになってから、林哲司さんに曲を書いてもらえたらなとずっと思ってたんです。そしたら事務所の人間が林さんと知り合いだというから話してもらって快諾していただき。それで、バラードということだけ決めて、こちらからは具体的なリクエストは特にせずにお任せして。

ーー詞を書いている渡辺なつみさんもBoAさんや安室奈美恵さんなど、幅広く書いていらっしゃる方です。

小野:彼女に関しては、林さん含め「なつみちゃんがいいよ、彼女いい詞書くよ」と紹介いただきました。レコーディングの時も渡辺さんに立ち会ってくださり、「さっきの1コーラス目の頭なんですけど、ここの詞はこういう感じなのでもう少しこう歌えますかね?」「やってみます」「いいですね!」とかって。歌詞も林さんと相談して、「ベタに惚れた腫れたっていうよりも、人間愛的なそういうのがいいんじゃないかなって思ってる」という話をして。恋愛の曲とも取れるし、そうじゃない感じにも聞こえる、本当に素敵な詞を書いていただけました。25年やってきてひとつ夢が叶ってよかったです。

ーー年明けから東名阪でツアーもあり。GALNERYUSのバンドとともに、ソロ活動も活発になっていきますね。

小野:そうですね。仕事でずっと歌うことを続けてるうえで、GALNERYUSに入ってから、歌ってるな、歌えてるなーーへんな言い方すると仕事してるな、仕事できてるなという充実感が味わえています。またそこにソロも加わるかたちで並行してやれたらいいなと思いますね。

ーーこれが一つの区切りになりますが、これからも小野さんはたくさん歌っていかれるんだろうなと期待を感じさせる作品になっていますね。

小野:そうですね。先輩ですと小田和正さんもずっと変わらず歌ってますし、ライブでも走っておりますし。何年か前に音楽番組でご一緒した松崎しげるさんも相変わらず。ああいう上の世代の方々が今も変わらず歌ってるので、自分もケアしながらやっていけば、60歳になっていけるんじゃないかとイメージしやすいですよね。だから、なんとかこれからも歌っていきたいと思います。

(取材・文=神谷弘一)