14日、中国メディアの環球網が、「日本が導入を予定している巡航ミサイルは、尖閣諸島のために使用するのではないか」とする記事を掲載した。資料写真。

写真拡大

2017年12月14日、中国メディアの環球網が、「日本が導入を予定している巡航ミサイルは、尖閣諸島のために使用するのではないか」とする記事を掲載した。

小野寺五典防衛大臣は先日、来年度予算案に長距離巡航ミサイル導入に向けた関連予算を計上したことを明らかにした。ロッキード・マーティン社が研究開発したJASSM、及びこれを基にしたLRASMのF―15Jへ搭載を検討しているという。また、JSM巡航ミサイルをF―35Jに搭載する可能性もあると伝えられた。

これより前に日本メディアは、北朝鮮が日本へ弾道ミサイルを発射した場合、日本が巡航ミサイルを北朝鮮の基地へ発射する可能性について伝えていた。しかし記事は、日本政府は「これらのミサイルは日本防衛のため、特に離島を防衛するためだ」と述べていると指摘。この「離島」という言い方は、「尖閣諸島についての婉曲(えんきょく)表現だ」と解説した。

米メディアは、「小野寺防衛大臣は、新たに購入するミサイルは敵基地を攻撃するものではないと強調した」と伝えている。これらの新型ミサイルは、自衛隊のイージス艦を守るためのもので、北朝鮮の弾道ミサイルから日本を守る第一ラインとなるのが6隻のイージス艦だからだという。

しかし、中国の軍事専門家は、「日本が導入しようとしているミサイルは典型的な攻撃型ミサイルで、イージス艦を守るためという説明は馬鹿げている」と主張。「これらのミサイルを導入することで自衛隊の対地対艦攻撃能力は大幅に向上する」と指摘。「ミサイルの射程距離は500キロから1000キロに及び、相手の防空識別圏外からの発射が可能で、しかもステルス性があるため防御が難しい」としているという。(翻訳・編集/山中)