さらばグリーズマン? シメオネ、今冬の放出を示唆

写真拡大

▽アトレティコ・マドリーは、来年1月の移籍市場でフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(26)の放出に動く可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽アトレティコ・マドリーでの出色の活躍により、移籍の可能性が後を絶たないグリーズマン。アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督は、マンチェスター・ユナイテッドやバルセロナとの関連が伝えられるエースの去就について次のように言及したという。

「もちろん、グリーズマンにも、(ジエゴ・)コスタや(アルダ・)トゥランと同じように去る可能性がある」

「私は選手と愛し、彼らの成長する姿が大好きだ。恩を仇で返すような人間じゃない」

「じゃあ、選手から『監督、あるチームでプレーするチャンスがあるから移籍させてくれ』と言われたとしてみよう」

「それが私に全てを尽くしてくれたグリーズマンなら、私は『問題ない』と答える。彼が成長を望んでいるのは承知している」