日ごろ漫画やゲームで慣れ親しんでいるファンタジーの世界。魅力的なキャラクターがたくさん登場しますよね。

そんなファンタジー世界観のイラストを描くためのコツを、イラストレーターの天野英さん(Twitter)にレクチャーしてもらいました。

第2回は「剣の構えの描き分け方」。数多くのゲームに携わってきたプロの考え方、技、ご参考にどうぞ!

※本企画は新刊『萌え絵の教科書 vol.5 ゲーム絵師が教える! ファンタジーイラストの基本ルールと魅せるテクニック』(天野英 著)から一部を抜粋したものです。

剣の構えの考え方

基本的な剣の構え方を説明しましょう。剣士にも様々なジャンルがあり、流派や武器の特性によって、それぞれに異なる構え方がありますよね。性格によるところもありますが、ここでは大まかに3つのパターンを紹介していきましょう。

戦士パターン

剣闘士や兵士などに共通する構え方です。騎士に比べて荒々しいイメージで、腰を低く落とし、足を広げどっしりと体を安定させます。ポイントとして、へっぴり腰に見えないよう前かがみになり過ぎず、重心が安定した体勢を描くことを意識しましょう。

戦闘の構え方というのは、運動をするのと同じように、すぐに反応して動けるような予備動作(タメのポーズ)をとることが重要です。スポーツ選手を見るとわかりますが、試合中はいつも何かしらの動きの準備をしています。このような事から、動的なイメージを与えたいときは「力を溜める動作」を意識しましょう。

騎士パターン

騎士または聖騎士に適した構え方です。背筋を伸ばして胸を張ることで、規律正しくピシッとした印象にできます。

戦士パターンとは対照的に、脚をまっすぐ伸ばすことがポイントです。足を開かず、かかとを揃えてもそれらしくなります。騎士という役職は、国や王族に仕える役職というイメージが強いため、品行方正な動作で描くとそれらしく見せることができます。

侍パターン

侍の構え方です。基本は剣道の構えを参考にしましょう。これまでのパターンと違うのは脚を前後に開いている点です。

絵的な派手さがほしいときは、腕を振り上げるなどしてアクションポーズを崩していくのがポイントです。

力強いイメージの際は戦士に近く、静のイメージの際は脚の開き具合をひかえめに、所作に優雅さがあると美しくなります。

萌え絵の教科書 vol.5 ゲーム絵師が教える! ファンタジーイラストの基本ルールと魅せるテクニック

立体感のある剣を描く方法は? 重厚感な鎧をデザインするには? 魔法のエフェクトの描き方は?  エルフやドワーフをそれっぽくするには?

コンシューマ・モバイルを問わず多くのゲームに関わってきたイラストレーターが、そのノウハウを活かして、印象的なキャラクターの作り方を伝授! 剣や鎧・魔法の杖・ドラゴンなど、ファンタジーの世界観を盛り上げる小道具・モンスターを描くテクニック。それっぽく見せるためのルールも大公開!

著者|天野英(あまの・はな)

元ゲーム制作会社所属のイラストレーター。ライトノベルなど小説の装丁、TCG やゲームのキャラクターイラストを中心に活動中。

価格|定価2,160円(本体2,000円+税)Amazon.co.jp での購入はこちら