野菜をそのまま食べさせてもいい?(写真:FS-Stock / PIXTA)

近年の研究で、人間の身体に棲みついている微生物の多くはわたしたちの健康に欠かせない存在であることがわかってきた。その大切なパートナーを「清潔すぎる」環境によって失っていることに警鐘を鳴らす科学者もいる。
特に乳幼児の成育過程における過度な除菌や消毒は、子どもたちの生涯の健康に悪影響を及ぼすというから注意が必要だ。ぜんそく、アレルギー、うつ、そしてADHD(注意欠陥・多動性障害)までもが、そうした微生物、とりわけ腸内細菌の貧弱さによってもたらされうることもあることが明らかになっている。ではいったいどこまできれいにすればよいのか?
「子どもを極端に清潔な環境で育てていいのか」(12月2日配信)、「哺乳びんやおもちゃの殺菌は過敏な反応だ」(12月9日配信)に続いて、『「きたない子育て」はいいことだらけ!』の著者が答える。

子どもは砂場で遊ばないほうがよいのか?

「砂場は不衛生でしょうか?」という質問を受けることがあります。子どもは砂場が大好きですし、1カ所の砂場で10人以上の子どもが同時に遊んでいることも珍しくありません。

砂場は公園の人気スポットです。そのせいで公園のほかの遊具と比べると微生物の密度が高いことは確かです(これはいくつかの研究で明らかにされています)。その点で砂場は、ブランコや滑り台と比べれば、感染症にかかるリスクが高めだといえるでしょう。

それなら子どもは砂場で遊ばないほうがよいのでしょうか? いいえ、砂場で遊ぶのはとても楽しいし、そのせいで病気にかかるリスク自体は低いのですが、子どもが砂場で遊んだ後には、手洗いなどの衛生習慣をきちんと守らせるべきです。

多くの動物(はっきりいえば猫です)にしてみれば、砂場は大きなトイレのようなものなので、すきあらばその目的で使われてしまい、これが別の感染源になる可能性があります。個人の裏庭であれば、砂場を使い終わったらカバーをかけておけば、ネコのトイレにされることは簡単に防げますが、公共の公園では、子どもに使わせる前には砂場をしっかり点検するのが賢明でしょう。

動物のふんが見つかったら、それをスコップですくえばよいでしょうが、同時にその周囲の砂も多めにすくうようにしましょう(ネコ用トイレの掃除を一度はしたことがある人ならわかると思います)。近所中のネコがその砂場をトイレとして使ったようなら、子どもをそこで遊ばせるのはやめて、自治体の管理担当者に連絡し、砂を交換してもらいましょう(ネコのふんには、人間に感染する寄生虫が含まれている場合があります)。

「すり傷や切り傷の治療に、抗生物質入りの塗り薬を使ったほうがよいでしょうか?」というのもよく受ける質問です。必ずしも使う必要はありません。子どもに切り傷やひっかき傷、すり傷はつきもので、そういう傷は年がら年中できます。傷が深い、あるいは長いときや、傷口が大きく開いているとき、あるいは数分間圧迫しても出血が止まらないときには、医師による治療を受けさせましょう。

そうでなければ、必要なのは、傷口をせっけんと水で十分に洗って、土や何かの破片を取り除くことだけです(あるいはその場では清潔な水で傷口を洗っておき、せっけんが使えるようになったときにさらにしっかりと洗ってもよいでしょう)。

抗生物質入り塗り薬を繰り返し使ったからといって、子どもの皮膚のマイクロバイオータが大幅に変わるとは考えられませんが、抗生物質の不必要な使用を増やすことになり、薬剤耐性の原因になります。傷口への細菌感染を防ぐには、毎日やさしく洗って清潔に保つとともに、そこに直接触れないよう、ガーゼやばんそうこうで覆っておくとよいでしょう。

1日か2日たって、傷口が赤みを帯びて腫れてきたり、あるいは黄色や緑色の膿がしみだしてきたりした場合には、抗生物質入りの塗り薬を使うことを検討しましょう。傷口の周りの赤みが広がったり、傷口から赤い線が広がっていたり、熱が出たりした場合には、医師による治療を受けてください。幸い、切り傷やすり傷の大半では、免疫系のはたらきによって感染症が抑えられ、傷口も短期間で自然に治癒します。

落としたおしゃぶりをきれいにするには?

「地面に落ちてしまったものを、口に入れさせてもよいでしょうか?」という質問に対して、一般論としていえば、「地面に落ちたものを拾って口に入れるのは問題ありません」と答えます。とはいえ、どこに落ちたかによっても違うので、常識をはたらかせてください。

子どものおもちゃが地下鉄の床や、ショッピングセンターのトイレの床に落ちたら、まず水とせっけんで洗いましょう。しかし誰かの家の床とか、ハイキング中の地面に落ちたのであれば、目に見える土(や髪の毛)を取り除いたらすぐに子どもに返してもかまいません。

食器洗浄機とアレルギーリスクの減少の関係についての研究を行ったスウェーデンの研究チームは、最近行った別の研究で、落としたおしゃぶりをきれいにするには、まず親が口に含むのが最善の方法だということを明らかにしています。

この研究では、生後6カ月の赤ちゃんがいる184組の家族に面接調査を行いました。親たちには、自分の子どもはおしゃぶりを使っているか、使っているとしたらそれを殺菌しているか、それとも水道水で洗っているか、あるいは親が口に含んできれいにしているか、と質問しました。驚いたことに、親の口でおしゃぶりをきれいにしてもらっている65人の赤ちゃんでは、生後18カ月から36カ月の期間のアレルギー発症リスクが大幅に低いことがわかりました。

この研究は小規模なものであり、ほかの研究チームによる再現実験もまだこれからですが、子どもと口内微生物を共有することで、親は子どもの免疫系を強化し、アレルギーの発症を防いでいるようです。そういう意味では、落としたものを素早く拾い上げれば大丈夫という「5秒ルール」よりは、おしゃぶりやはがためを子どもに返す前に、母親か父親の口に入れるときの「5秒ルール」を採用する必要があるでしょう(虫歯を引き起こす微生物を子どもに渡してしまうのが気がかりかもしれませんが、それが問題になるのは、親が虫歯になりやすい場合だけで、その性質は遺伝性の可能性があります)。

最後は「果物や野菜を洗わずに子どもに食べさせてもいいでしょうか?」という質問への回答です。洗ったほうがいい場合がほとんどです。果物や野菜は生のままで消費されることが多いので、農場や貯蔵庫で発生した汚染が食べる人のところにそのまま届く可能性があります。

たとえば、いろいろな種類の作物に水をやるのに使われている灌漑システムでは、水に危険な病原体が含まれていることが知られています。それに果物や野菜を洗うことは、食中毒のリスクを大幅に低くする方法として有効です。食中毒は、子どもや高齢者、妊娠中の女性(こうした人々はみな免疫系が弱くなっています)といった人々で起きやすいのです。アメリカ疾病対策センター(CDC)は、アメリカ人のおよそ6人に1人が食中毒で具合が悪くなったことがあると推定しています。

実際に、毎年12万8000人が食中毒で病院を受診し、3000人が亡くなっています。つまりこれは重大なリスクであり、衛生習慣を守ることでそのリスクを低くしたほうがよいということです。

とはいえ、生で消費される食品を洗うことは、食中毒を予防するためのステップの1つでしかありません。ほかにも、生の肉や魚介類、卵は、調理ずみの食品と一緒にしない、食品を適切な温度で加熱調理する、腐敗しやすい食品は、購入したら1〜2時間以内に冷蔵庫に入れるといった習慣を守ることが大切です。果物や野菜を洗ったほうがいい理由として、残留農薬を洗い流すということもあります。

店で買ってきた有機農産物は?


果物や野菜に専用の洗剤を使う人もいますが、欧州作物保護協会とアメリカ農薬情報センターはどちらも、そうした製品を使っても、農薬を洗い流す効果は水だけで洗った場合と違いはないとしています。洗っていない果物や野菜を食べさせても問題ないと考えられる状況が1つだけあります。自分の裏庭や菜園で育てたもので、水やりには雨水か、ホースからのきれいな水を使い、農薬を使っていない場合です。

だからといって、店で買ってきた有機農産物を洗わずに食べても大丈夫なわけではありません。有機農法では、作物中の残留農薬のレベルは大幅に低くなりますが、大方の予想に反して、食中毒のリスクが低いわけではないからです。

有機農作物を育てる場合には、肥料として堆肥を使うことが多く、そこに病原体が含まれている場合があります。たとえば以前、リンゴジュースによる病原性大腸菌O157:H7(重篤な下痢と腎機能障害を引き起こす)の食中毒が大流行したことがありましたが、原因は材料の有機農法のリンゴに病原菌を含むウシの糞便がついていたことでした。