ムグルッサが2018年前半の予定を公開、初戦はブリスベン国際

写真拡大

ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)が12月13日、自身のTwitterアカウントで2018年前半の予定を明らかにした。年初のオーストラリアで行われる大会から、「ウィンブルドン」までのスケジュールを宣言した格好だ。

ムグルッサは2017年12月11日付けのランキングで2位。今年の「ウィンブルドン」に加えて、2016年には「全仏オープン」を制覇した実績も持っており、ランキング上位でもすっかりおなじみだ。

また、2018年も前半から精力的なスケジュールを同選手は掲げており、今回のTwitterへの投稿でも、大会が行われる都市を列挙。

「ブリスベン、全豪オープン、カタール、ドバイ、インディアンウェルズ、マイアミ、モンテレイ、シュツットガルト、マドリッド、ローマ、ローランギャロス、バーミンガム、ウィンブルドン」を2018年の1月から7月の予定だと明言した形だ。

ムグルッサは、2018年シーズンの初戦としてエントリーを予定している「ブリスベン国際」では今年、アリゼ・コルネ(フランス)との準決勝で棄権しており、来シーズンのパフォーマンスを占う上でも大きな大会になりそうだ。

(テニスデイリー編集部)

※写真はBNP パリバ WTAファイナルズ・シンガポールでのオスタペンコ戦直後のムグルッサ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)