FW櫨まどかは課題と収穫を口に

写真拡大

[12.15 E-1選手権女子 日本0-2北朝鮮 千葉市蘇我球技場]

 今大会3試合中2試合、初戦の韓国戦と第3戦の北朝鮮代表戦で先発フル出場したFW櫨まどかだったが、右MFという不慣れなポジションだったこともあり、思うような結果を残せなかった。

 今年7月に29歳になった櫨は、同月にアメリカ遠征を行った日本女子代表(なでしこジャパン)に初招集された。その後の代表活動には常に招集を受け、高倉麻子監督からも高い期待も寄せられている。

 徐々になでしこジャパンでのプレーに手ごたえを感じてきた面もあるという。「苦手な守備はだいぶ改善できた」と今大会での自身のプレー面での収穫を挙げる。さらに「守備から攻撃に向かうパワーが足りない。そこをちょっと上げていかないといけないなと思います」と更なる改善にもどん欲だ。

 それだけに「他に若い選手でいい選手もいるので、そろそろ結果を出さないといけなかった」と悔しさも隠そうとはしない。「次呼んでもらえたらラッキーだなというくらいの思いでいます」と話したように常に危機感も持っているという。今後も一試合一試合、ラストチャンスのつもりで全力でぶつかっていく。

(取材・文 児玉幸洋)
●EAFF E-1選手権2017特集ページ