トヨタ、東京オートサロン2018に「WECへの参戦活動が生かされたコンセプトカー」を出展すると発表!

【ギャラリー】TOYOTA GAZOO Racing Tokyo Auto Salon 201829


トヨタのモータースポーツ活動やスポーツ・モデル開発を手掛けるTOYOTA GAZOO Racingは、2018年1月12日から14日まで千葉県・幕張メッセで開催される東京オートサロン2018に、"WECへの参戦活動が生かされたコンセプトカー"であるという「GRスーパースポーツコンセプト」を出展すると発表した。
世界ラリー選手権(WRC)や世界耐久選手権(WEC)などのモータースポーツ活動を通じて、クルマを鍛え、人を鍛える「もっといいクルマづくり」に取り組んでいるTOYOTA GAZOO Racingは、それらの活動で得た技術や知見を生かし、今年9月から「GRシリーズ」と呼ばれるトヨタの量産モデルをベースとするスポーツ・モデルを展開している。今回の東京オートサロンでは、「Meister's Workshop(マイスターズワークショップ)」を出展テーマに、様々なモータースポーツへの挑戦とそこから生み出された数々のクルマを紹介すると同時に、カスタマイズする楽しさも訴求し、「クルマがこれからももっとワクワクする存在であり続けること」を伝えていくという。


ブースではGRスーパースポーツコンセプトが全貌を現すほか、「ヤリスWRC」「TS050 HYBRID」などのモータースポーツ参戦車両や、12月18日に発売となる「86GR」、国内150台限定販売の「ヴィッツGRMN」などの市販車も展示される。また、例年通り5月のニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦マシンの披露や、12日には参戦ドライバーの発表も予定されている。

出展車両やブースについては、以下のTOYOTA GAZOO Racing 公式サイトで随時公開していくという。
http://toyotagazooracing.com/jp/eventexhibition/tokyoautosalon/

【ギャラリー】TOYOTA GAZOO Racing Tokyo Auto Salon 201829