藤原紀香、更年期障害に悩む45歳役!年下彼との“ベッドシーン”も公開

写真拡大

読売テレビ・日本テレビ系にて12月21日(木)と28日(木)の2週にわたって放送されるドラマ『眠れぬ真珠〜まだ恋してもいいですか?〜』(23:59〜24:54)で主演を務める藤原紀香と、相手役・鈴木伸之(劇団EXILE)からコメントが到着。さらに、ベッドシーン写真も公開された。

同ドラマは石田衣良による大人の恋愛小説『眠れぬ真珠』(新潮文庫刊)が原作。更年期障害に悩む45歳の独身女性と17歳年下の恋愛模様に、狂気じみたストーカーが迫るというサスペンス要素を盛り込んだ極上のラブミステリーになっている。

藤原が演じるのは、海辺の家にアトリエを構える銅版画を専門とする女性画家の内田咲世子役。光を外側に放つダイヤモンドの女とは対照的な、光を内側に引き込むタイプの真珠の女。咲世子は、芯が強く芸術に対して真っ直ぐ。年上の画商・三宅(升毅)と不倫関係を続けていたが、17歳年下の徳永素樹(鈴木)と出会い、葛藤しながら、一途な恋に落ちていく。素樹は、海辺の町のカフェに務めるウェイター。ドキュメンタリーの映像作家だった素樹は商業映画での自己表現に行き詰まり、海辺の町に逃げてきたのだ。素樹はカフェの常連の咲世子に興味を持ち、咲世子を題材にしたドキュメンタリーを撮る中で、咲世子に強く惹かれていく……。

<藤原紀香>
――撮影を振り返って
タイトなスケジュールだったので、その分、グッと集中し密度の濃い雰囲気の中でお芝居ができました。クランクアップした時は共演者、スタッフが“1つの連続ドラマを作ったようなそんな気がするね”とおっしゃっていたくらい、充実感がありました。そんな中、スタッフさんとも『眠れぬ真珠』ならぬ、眠れぬ現場だね、と冗談を言いあったり和気藹々と撮影していました。

――咲世子という同年代の等身大の女性を演じてみて
年齢とともに自分の中でも変化してきている部分もあり、今だからできる役に出会えた素敵なご縁だなと思います。今回の主人公、咲世子は45歳で、自分の中でも等身大で演じられました。やはり、20代、30代とは違ってきている。女性というのはそういう事を感じながら日々生きている、そういう所もとてもリアルに描かれている本なので、共感することが多くて。恋愛に関しても若い頃とは違い、考え方が変わってきているところもある。咲世子の1つ1つのセリフだったり、鈴木さんが演じてくれた素樹の台詞などに心が震えたり。ああ、年齢を重ねても、心がキュンとするようなことって素敵な事だなと感じながら、撮影期間は咲世子と共に生きていました。

――咲世子に共感した部分
今を生きる、って大切な事なんだと思います。(年齢が離れた年下男性との恋愛は)社会的な事や女性の体の事など、色々な事を考えると、多くの人たちが、無理だ、やめときなさいと言うかもしれない。だけど、今の私はこの人がとても大事なんだ、という気持ちは本物なわけで。いつも思うのですが、人はいつ亡くなってしまうかわからない。この帰りに事故に遭うかもしれないし。阪神淡路大震災の時の頃から決めている事ですが、失敗しても、後悔なく、1つ1つの事を自分で選んで決めて、責任とって、懸命に生きていこうと。本当にこの脚本には共感ができました。いつも、人生今がスタートだと思いますし、年齢やいろんな事で制限してしまうのは自分なんだと。自身がその枠を作らなければ可能性は無限大であって、それには勇気がいるんだけど、生きているからこその苦労やチャレンジ、選択ができる……。私も今を大事にしようという思いがあるので、咲世子の選んだ選択や言葉はとても好きでした。

――年の差の離れた恋愛にリアリティを出すために意識した点