画像提供:マイナビニュース

写真拡大

○「Show or hide updates」トラブルシューティングツールを使う

Windows 10はOSに対する更新プログラムや、デバイスドライバーの更新をWindows Update経由で行っている。不具合が発生しなければ、それに越したことはない。ただ、完成した環境に新機能が加わることで、何らかの問題が発生した場合、次の更新プログラムが配信されるまで不具合を抱えてしまう。

自動化による弊害ともいえるが、Windows 8.x以前は利用者が取捨選択できた更新プログラムも、Windows 10では基本的にすべてインストールされる(インストール後にアンインストールする方法しか用意していない)。

Microsoftは、Windows 10のセキュリティを除いた更新プログラムは「累積的な更新プログラム」として提供し、差分ダウンロードする仕組みと説明している。そのため、上図で示した方法も今後は使えなくなる可能性が高い。

そこでトラブル時に試してほしいのが、「Show or hide updates」トラブルシューティングツールを使う方法だ。

例えば、更新プログラムの自動ダウンロードによるネットワーク帯域の消費を緩和したり、意図しないトラブルの原因となった更新プログラムをブロックしたりできる。

トラブルの原因が更新プログラムではないことが分かった場合は、以下の方法で更新プログラムのブロックを解除すればよい。

阿久津良和(Cactus)