ヒロシ

写真拡大

15日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、お笑いタレントのヒロシが、お笑いコンビ・いつもここからに感謝しているという逸話を披露した。

番組では「パワハラ上司の激変 信用できる?」と題し、夕刊フジの記事を取り上げた。記事では、男性会社員が久しぶりに接した上司への戸惑いを吐露している。

以前は、パワハラ上司だったが、再会すると性格が丸くなり、周囲からの評判も悪くないとのこと。しかし、過去の振る舞いを知る社員たちは、接し方に困っているという。

この話題で、MCの原田龍二が、ゲストコメンテーターのヒロシに「許せない人物」を尋ねたが、ヒロシはテレビ番組で公言はできないと拒否した。すると原田は、「感謝している人物」をヒロシに尋ねた。

ヒロシは「落ち目になったときに優しくしてくださったかたは覚えている」と語り、先輩芸人のいつもここからの名前をあげた。

ヒロシがホストを辞めて、芸人に転身した際、いつもここからの二人は、一からヒロシのキャラクター作りに協力してくれたそう。「ヒロシの生みの親と言っても、過言ではない」「あの方がいなかったら、ヒロシというキャラクターはできていなかったですね」と、感謝の気持ちを込めた。

一方でヒロシは「そのおかげで一発屋って、バカにされるようになりましたけどね」と自虐的に語った。そんなヒロシに、歌手で女優の中尾ミエは「でもね、一発屋ばっかり集まって仕事やってるじゃん」とバッサリ。

これにはヒロシも思わず「はぁ!?」とタメ口でツッコミ。直後に「オレも『はぁ?』って言っちゃったけども」と自身にもツッコミを入れて、笑いを誘っていた。

【関連記事】
にゃんこスター・アンゴラ村長 交際発表を後押しした先輩芸人の助言を明かす
ベッキーが「あいのり」スタッフの配慮に感激「本当に嬉しく思ってます」
アキラ100% 心の支えになったスピッツの曲「なかったら芸人辞めてた」