内山理名がレッドカーペットに登場すると現地マスメディアから絶賛の声が!

写真拡大

女優の内山理名が「第2回マカオ国際映画祭」に招待され、12月14日(現地時間)、アジア全域の映画関係者が集まる中、レッドカーペットに登場した。

【写真を見る】内山は胸元の大きく開いたドレス姿で国際映画祭デビュー!

初めて国際映画祭に招かれた内山は、胸元が大胆に開いたネイビーのロングドレス姿を披露。見事な発音の中国語で挨拶すると会場から喝采が沸いた。

2017年にデビュー20年目を迎えた内山は、現在ドラマ「マチ工場のオンナ」(毎週金曜夜10:00-10:50NHK総合)で、専業主婦から亡き父親の跡を継いで社長になり奮闘するヒロインを熱演している。

2018年には、シングルマザー役に挑んだ主演映画「singlemom 優しい家族。」の公開も控えるなど、精力的に活動中だ。

初めての国際映画祭を経験し、内山は「大規模な映画祭の世界観が刺激になりました。いい刺激をたくさんいただけて、素晴らしい体験となりました。

この高まっている気持ちを、次の仕事につなげ、近い将来に、自分の作品でまた国際映画祭に参加させていただきたいです」と新しいステップへの意欲を語った。(ザテレビジョン)