植田右SBは攻撃的?守備的?日本代表の中国戦、選手別「縦パス数&成功率」

写真拡大

12日に行われたE-1サッカー選手権第2節、日本代表対中国代表の試合は2-0という結果となった。

Jリーグ得点王小林悠が代表初ゴールを決め、昌子源が長距離からの華麗なロングシュートを決めるなど、後半にカタルシスが生まれる試合だった。

この試合でハリルジャパンで重要とされる「縦パス」のデータはどうなっているか?

攻撃のスイッチを入れるためには必要となる前線へのくさび。それを最も入れた選手、成功させた選手とは…。(データはSTATS社調べ、共同通信デジタル提供

縦パス数ランキング

1位:植田直通(30回)

2位:山本脩斗(27回)

3位:今野泰幸(22回)

4位:三浦弦太(20回)

5位:東口順昭(19回)

6位:土居聖真(18回)

7位:倉田秋(16回)

8位:井手口陽介(13回)

8位:昌子源(13回)

10位:大島僚太(12回)

11位:小林悠(7回)

12位:伊東純也(3回)

13位:阿部浩之(2回)

14位:川又堅碁(1回)
縦パス成功率ランキング

1位:川又堅碁(100%)

2位:今野泰幸(77%)

3位:大島僚太(67%)

4位:三浦弦太(65%)

5位:倉田秋(63%)

6位:土居聖真(56%)

7位:井手口陽介(54%)

8位:植田直通(50%)

8位:阿部浩之(50%)

10位:山本脩斗(48%)

11位:昌子源(46%)

12位:東口順昭(32%)

13位:小林悠(14%)

14位:伊東純也(0%)

そして、成功した絶対数でのランキングは以下の通り。

縦パス成功数ランキング

1位:今野泰幸(17回成功)

2位:植田直通(15回成功)

3位:三浦弦太(13回成功)

3位:山本脩斗(13回成功)

5位:倉田秋(10回成功)

5位:土居聖真(10回成功)

7位:大島僚太(8回成功)

8位:井手口陽介(7回成功)

9位:昌子源(6回成功)

9位:東口順昭(6回成功)

11位:川又堅碁(1回成功)

11位:阿部浩之(1回成功)

11位:小林悠(1回成功)

14位:伊東純也(0回成功)