12月14日の“視聴熱”デイリーランキング・人物部門でAqours、西野カナ、水樹奈々が高ポイントを獲得!

写真拡大

webサイト「ザテレビジョン」では、12月14日の「視聴熱(※)」デイリーランキングを発表した。

【画像を見る】「ドクターX―」最終回で、大門の雄姿に視聴者が感動!

■ 人物ランキング Aqoursが「―FNS歌謡祭 第2夜」で「青空Jumping Heart」を披露

1位 Aqours/2位 西野カナ/3位 水樹奈々

Aqours…12月13日放送の「2017 FNS歌謡祭 第2夜」(フジ系)に出演。アニソン名曲メドレーの中で、「青空Jumping Heart」を披露した。メンバーの伊波杏樹は、自身のTwitterで「こんなにも素敵なステージの場を経験出来たのも、いつも応援してくださる皆様がいてくれたからこそ。」と感謝を述べた。また、16日(土)にはAqoursメンバーの絆をアンソロジーコミックで描く「ラブライブ!サンシャイン!! 公式電撃コミックアンソロジー 絆編」が発売される。

■ ドラマランキング 「ドクターX―」最終回にSNS上で感動の声が多数

1位 ドクターX〜外科医・大門未知子〜/2位 刑事ゆがみ/3位 先に生まれただけの僕

ドクターX〜外科医・大門未知子〜…12月14日放送の最終回は、未知子(米倉涼子)が余命3カ月の病気が発覚しながらも、日本医師倶楽部の会長・内神田(草刈正雄)の食道がん手術に臨んだ。未知子が力を振り絞って患者を助ける姿に多くの視聴者から「泣ける…」との声が。また未知子から「私、患者でも失敗しないので」と名言のアレンジが飛び出したが、「失敗しないので」という言葉の裏には、これまで手術前に想定できるあらゆることの対応策を考えていたことが明かされ、外科医としての姿勢がうかがえた。平均視聴率は25.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。

■ アニメランキング 「ラブライブ!サンシャイン!!」からAqoursが「―FNS歌謡祭 第2夜」に登場

1位 ラブライブ!サンシャイン!!/2位 けものフレンズ/3位 仮面ライダー

ラブライブ!サンシャイン!!…12月13日放送の「2017 FNS歌謡祭 第2夜」(フジ系)では、新旧の人気アニソンによる名曲メドレーが展開され、Aqoursが「青空Jumping Heart」を披露した。また、16日(土)にはAqoursメンバーの絆をアンソロジーコミックで描く「ラブライブ!サンシャイン!! 公式電撃コミックアンソロジー 絆編」が発売される。さらに、NHK Eテレでは23日(土)〜25日(月)に「ラブライブ!サンシャイン!!」全12話を一挙再放送する他、30日(土)には伊波杏樹、逢田梨香子、斉藤朱夏が出演する「TVアニメ2期振り返り上映会」が、東京・新宿ピカデリーで開催される。

■ バラエティーランキング 「VS嵐」に中島健人、平祐奈、知念侑李らが参戦

1位 VS嵐/2位 ニンゲン観察バラエティ モニタリング/3位 プレバト!!

VS嵐…12月14日は、23日(土)公開の映画「未成年だけどコドモじゃない」から中島健人、平祐奈、知念侑李らが参戦。「クリフクライム」では、中島と知念の同年齢コンビが見事なコンビネーションを見せ、29秒を残してパーフェクトを達成した。また、撮影時のエピソードでは、平が初対面の中島にあだ名を聞くと“神”と答え、それから中島を“ゴッド”と呼んでいると明かした。その話題以降、嵐チームの“キング”こと松本潤が引き合いに出され、“ゴッドVSキング”の図式ができてしまう。また、櫻井翔から「セクシー意気込みを」と振られた中島が「クリスマスが近いということで、セクシーメリークリスマス!」と決めた。なお、次回2018年1月3日(水)は「BABA嵐 ババ抜き最弱王決定戦」の3時間SPを放送することが予告でオンエアされ、期待が高まっている。

■ 熱トピ アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の聖地巡礼にマナーを!

聖地巡礼…アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」公式サイトに「沼津市内観光に関するお願い」がアップされた。「現地を訪問される際は、学校、お店、また近隣住民の皆様へのご迷惑とならないよう、ご注意下さい」「内浦地区の大川家長屋門は私邸ですので、私有地への立ち入りや外観を含む撮影は一切なさいませんよう、くれぐれもご注意ください」と注意喚起。「ファンの皆様、そして地元の方々にも愛される新しい『みんなで叶える物語』を目指して、ひとりひとりのご理解とご協力をお願い申し上げます」と呼び掛けた。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4〜10位の順位や上記以外のワードに関する解説のほか、リアルタイムランキング、ウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標。(ザテレビジョン)