生き残りを懸けたラストチャンスの日韓戦について柏FW伊東純也「勝たないとアピールにはならない」《EAFF E-1サッカー選手権》

写真拡大

▽日本代表は15日、16日に行われるEAFF E-1サッカー選手権2017の韓国代表戦に向けて都内でトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、FW伊東純也(柏レイソル)がミックスゾーンで記者の取材に応対。中国代表戦で負ったケガについては回復していると明かし、スピードを生かして韓国にしっかり勝ちたいと語った。

◆FW伊東純也(柏レイソル)

──ケガの具合は

「痛いですけど、(90分間)できると思います」

──中国戦ではどのシーンで負傷したのか

「競り合いのときですね。試合が始まったばかりの頃です」

──100%でダッシュできる状況か

「だいぶ戻ってきたと思います。明日にはもっと良くなっていると思います」

──スピードというところが期待されていると思うが、明日の韓国戦はどんなプレーをしたいか

「ピッチに立ったら言い訳できないですし、(ケガは)関係なくスピードを生かして仕掛けていければなと思います」

──韓国代表の印象は

「攻撃的で、サイドバックがすごく上がってくるという印象です。その後ろを突けたらなと思います」

──日本代表で試合に出ることで、自分で感じている変化はあるか

「チームとは違うので、そういった部分では慣れていって日に日に良くなっていると思います」

──日韓戦はあまり経験がないかもしれないがイメージはあるか

「大学の時もアジアのチームとは試合しましたが、力強いと思うので、そういったところでは負けないようにしたいです」

──韓国はライバルと言われるが、心理面でのプレッシャーは

「そういったものはないですが、負けられないライバルなので、勝って優勝できたらと思います」

──日本代表に入るのはイメージしていたより早いか

「僕は大卒なので、年齢的には早いとは思っていません。自分より若い選手も入っているので、負けないように頑張って行きたいです」

──ヴァイッド・ハリルホジッチ監督やコーチングスタッフから個人的に言われていることは

「攻撃の面で違いを出して欲しいと言われていますし、そこは長所だと思っています。クオリティが評価されていると思うので、しっかりやりたいです」

──次の試合がアピールの場としては最後になるかと思うが

「まずは一戦一戦という考えしかなかったです。最後もしっかり勝つ。勝たないとアピールにはならないので、最後も勝ちたいです」