大島怪我の影響は?日本代表、中国戦の選手別で見るボールタッチ数の推移

写真拡大

12日に行われたE-1サッカー選手権第2節、日本代表対中国代表の試合は2-0という結果となった。

Jリーグ得点王小林悠が代表初ゴールを決め、昌子源が長距離からの華麗なロングシュートを決めるなど、後半にカタルシスが生まれる試合だった。

前回の「時間帯別ボールタッチ数」を、選手個々に分けて時間帯別の順位に並べ替えてみよう。(データはSTATS社調べ、共同通信デジタル提供)

東口順昭

0〜15分:11位(2回)

15〜30分:10位(5回)

30〜45分:7位(6回)

45~60分:10位(4回)

60~75分:9位(6回)

75~90分:10位(4回)
植田直通

0〜15分:3位(14回)

15〜30分:7位(8回)

30〜45分:6位(9回)

45~60分:5位(9回)

60~75分:1位(12回)

75~90分:5位(10回)
三浦弦太

0〜15分:5位(12回)

15〜30分:8位(6回)

30〜45分:4位(10回)

45~60分:11位(2回)

60~75分:2位(11回)

75~90分:9位(7回)
昌子源

0〜15分:7位(11回)

15〜30分:5位(9回)

30〜45分:2位(12回)

45~60分:9位(5回)

60~75分:11位(2回)

75~90分:3位(13回)
山本脩斗

0〜15分:8位(10回)

15〜30分:1位(14回)

30〜45分:1位(14回)

45~60分:7位(8回)

60~75分:4位(10回)

75~90分:5位(10回)
今野泰幸

0〜15分:3位(14回)

15〜30分:2位(12回)

30〜45分:4位(10回)

45~60分:1位(13回)

60~75分:2位(11回)

75~90分:1位(26回)
伊東純也

0〜15分:9位(8回)

15〜30分:11位(2回)

30〜45分:11位(4回)

45~60分:3位(10回)

60~75分:10位(4回)
大島僚太

0〜15分:1位(19回)

15〜30分:2位(12回)
倉田秋

0〜15分:5位(12回)

15〜30分:4位(11回)

30〜45分:7位(6回)

45~60分:3位(10回)

60~75分:6位(8回)

75~90分:8位(9回)
土居聖真

0〜15分:2位(16回)

15〜30分:8位(6回)

30〜45分:3位(11回)

45~60分:7位(8回)

60~75分:5位(9回)

75~90分:12位(3回)
小林悠

0〜15分:9位(8回)

15〜30分:5位(9回)

30〜45分:7位(6回)

45~60分:5位(9回)

60~75分:8位(7回)

75~90分:5位(10回)
井手口陽介

30〜45分:7位(6回)

45~60分:2位(12回)

60~75分:6位(8回)

75~90分:2位(17回)
川又堅碁

60~75分:12位(1回)

75~90分:4位(11回)
阿部浩之

75~90分:10位(4回)