水素水は活性酸素の中でも体に害のある悪玉活性酸素だけを取り除くはたらきがあることが知られています。悪玉活性酸素は細胞を傷つけて体を酸化させてしまい、老化や病気の原因と考えられています。この悪玉活性酸素だけを取り除くと言われる水素水の上手に摂り方を考えてみましょう。

悪玉活性酸素はどういう悪さをするのか

私たちの体を動かすのに必要なエネルギーは細胞の中の小器官であるミトコンドリアによって、摂取した栄養分を酸素を使って分解することによって作り出されます。その過程で悪玉活性酸素を同時に作り出してしまいます。悪玉活性酸素は正常な細胞膜の脂肪を過酸化脂質に変化させて、栄養や老廃物の出入りを阻害し細胞を弱らせてしまいます。また細胞内のDNAを傷つけて細胞を変異させガン細胞を増やす原因にもなります。これらが体が錆びる、つまり酸化するという意味になります。

体にはこの酸化を抑制するはたらきも本来備わっていて、それが抗酸化酵素などのはたらきです。しかし、抗酸化酵素は加齢に伴って減少していきますし、強いストレスや食生活の乱れによっても抗酸化のはたらきは落ちてしまいます。

水素水による抗酸化の仕組み

神経伝達や細菌の殺菌・除去に必要な善玉活性酸素と悪玉活性酸素では性質が違います。その性質の違いによって善玉活性酸素に反応せず、悪玉活性酸素にだけ反応する面白い仕組みが水素にはあるのです。悪玉活性酸素と水素が反応することによって無害な水に変化し、体外へと排出されるわけです。

水素水の上手な摂り方

水素は宇宙で一番小さな分子ですので、ペットボトルやアルミパウチなどの容器からは時間の経過とともに外に出ていってしまいます。ですから充填時のままの水素濃度は期待できないのです。また水素濃度が高ければ高いだけその効果は優れていることが分かっています。そのため水素水は飲む直前に作り、なおそれが高濃度の水素水である必要がありますが、現在は耐圧ペットボトルに水とは接触することのない水素発生剤を投入して高濃度の水素水を作ることが可能なものも開発されていて、それらはすでに市販されてもいますので試してみるのもあり。

抗酸化作用はビタミンCやポリフェノールにもありますが、残念ながらそれらは善玉活性酸素までも排出してしまうデメリットも合わせもっています。悪玉活性酸素だけを除去する水素水はやっぱり魅力的。

ただし水素の健康効果についてはまだまだ研究中で賛否両論あるのも事実。市販の水素水なんてただの水も同然、信用できない!という人こそ、自分で作ってすぐに飲むという方法が良さそうですね。


writer:Masami