トランプ氏、ケネディ元大統領暗殺の秘密情報公開へ(AP/アフロ)

写真拡大

 1963年11月22日、米国のジョン・F・ケネディ大統領がテキサス州ダラスでのパレード中に狙撃され、死亡した。ケネディ暗殺事件である。今年10月26日には事件をめぐる機密文書の一部が米国立公文書館のウェブサイトで公開され、話題となった。

 米政府の調査委員会(ウォーレン委員会)は1964年9月にまとめた報告書で、リー・ハーヴィー・オズワルドによる単独犯行と断定した。しかし証拠は乏しいうえ、報告書の内容は論理的に筋の通らない点も多く、別に黒幕がいるとの陰謀論が今も絶えない。

 陰謀論と聞くと、それだけで冷笑する人が少なくない。たしかに陰謀論には荒唐無稽なものもある。けれども、すべてを頭から妄想や作り話と決めつけるのも理性的な態度とはいえない。のちほど詳しく述べるように、ケネディ研究を専門とする大学教授でさえ、公共放送の番組を通じ、陰謀の存在を明言しているのである。

 まずは事件の経緯と謎をざっとおさらいしておこう。

 ケネディが狙撃されたのは、ダラスのエルム通りにある教科書倉庫ビルの前を通過したときである。現場から病院に搬送されたが、到着後20分で死亡が確認された。すぐに元海兵隊員で教科書倉庫の従業員、オズワルドが容疑者として逮捕された。共産主義の信奉者とされ、ソ連に亡命した経験があることなどから容疑が固まった。

 しかしオズワルドは逮捕後、犯行を全面否定する。教科書倉庫で発見されたライフル銃を持つ写真が妻の滞在先から見つかったが、偽造写真だと主張。「俺は囮(おとり)だ」と言い続けた。銃を使った際に手や頬から検出されるはずの硝煙反応もなかった。

 そもそも共産主義を信奉しながら海兵隊に入ったというのも不自然だ。当時は米ソの対立が激化し、朝鮮戦争で共産主義陣営の北朝鮮が多数の犠牲者を出したばかり。海兵隊に入れば、朝鮮半島やラオス、ベトナム、欧州など当時緊張が高まっていた地域で再び戦争が起こった場合、戦場に送られ、自分が共感する共産主義国と戦わなければならなくなる。逮捕2日後、オズワルドは本格的な取り調べを受けるため移動中、警察署の地下でジャック・ルビーという男に射殺される。
 
 ケネディの後を継いだジョンソン新大統領は直属の調査委員会を設置し、事件を徹底的に調べると発表した。委員会は責任者に任命されたウォーレン最高裁長官の名前を取って、ウォーレン委員会と呼ばれる。他に6人の委員で構成された。

 驚いたことに、委員の1人に前中央情報局(CIA)長官、アレン・ダレスがいた。ダレスは長官時代、軍部とともにキューバのピッグス湾への侵攻作戦をケネディに進言。ところが作戦は完全な失敗に終わり、激怒したケネディからクビにされた因縁がある。

 そんな委員のいるウォーレン委員会が、公平で厳密な調査を行うとは考えにくい。実際、発表された報告書は分量こそ膨大だったが、中身には不審な点が多くあり、批判にさらされる。

●2つの不審点

 不審点を詳しく紹介する余裕はないので、2点だけ挙げよう。ひとつは発射された銃弾の数だ。ケネディ自身と、同じ車で大統領の前に座り重傷を負ったテキサス州のコナリー知事は、ともに3カ所の傷があった。常識では6発の銃弾が発射されたと考えるだろう。

 だがウォーレン委員会の見解は違った。オズワルドが発射したとされる2発のうちの1発がケネディの右後頭部に命中、もう1発がケネディの右背中→喉→コナリーの背中から胸に貫通→右手首を貫通→左大腿部に到達。そう結論したのだ。

 ところが当日の車の列をザプルーダーという男性が8ミリカメラで撮影していた。1967年に初めて公開されたこの映像によると、ケネディとコナリーの銃弾に対する反応に明確な時間差があった。委員会のいう「2人に1発」説が成り立つには、銃弾は一度2人の間で休止しなければならない。物理的にありえないことだ。

 2つめの謎は大統領の傷の状況だ。ダラスの病院で確認された傷は、喉に銃弾の入り口の傷、右耳後ろに直径5センチほどの銃弾による傷の2つだった。

 ところがワシントンのベセスダ海軍病院で行われた検視では、右背中から喉に貫通する傷があり、頭頂部にも大きな傷があったという。ダラスでは確認されていない右背中の傷の存在自体が不思議だが、それ以上に奇妙なのは、銃弾の入り口と出口の形状は容易に判別できるほど異なるものなのに、ダラスの病院で入り口とされた喉の傷が検視では出口とされ、銃弾の方向が変わってしまったことだ。

 さらに頭の傷だ。ダラスでは後頭部に小さな傷が確認されていただけだったのに、検視ではこの傷が頭の頂点に移動し、しかもその部分の頭蓋骨の大半を紛失させてしまうような大きな傷になっていた。

 傷の相違はなぜ生じたのか、詳しい調査が必要なはずだった。しかし委員会はダラスを無視して検視だけを重視した。

 さて、以上のようにウォーレン委員会の報告書には不審点が多いため、米国ではオズワルド単独犯行説への疑問が根強い。これまでCIA、米連邦捜査局(FBI)、マフィア、軍部、ジョンソン大統領などさまざまな人物や組織が陰謀の首謀者として議論となってきた。

「陰謀なんてあるはずがない」と思うかもしれない。しかし多くの機密文書が明らかにされつつある現在、陰謀があったとする見方は決して非常識なものではない。

●陰謀の存在は明らか?

 今年7〜9月、NHKはラジオ第2放送の教養番組『カルチャーラジオ』で『ケネディと日本』を放送した。講師は城西国際大学教授の土田宏氏。米国政治、とくにケネディ研究では日本有数の専門家で、『ケネディ――「神話」と実像』(中公新書)など多数の著書がある。

 番組で土田氏はケネディ暗殺の経緯や謎に触れた後、陰謀の可能性について次のように言及する。

「大統領暗殺を計画するとなると、真犯人隠匿のためにオズワルドという『囮』を用意する、銃弾の方向を隠し、銃弾そのものを証拠物件にしないために遺体を変造する――ということまでを計画に組み込み、実施できる『力』が必要になる」(番組テキストより引用。以下同じ)

 そしてこう断言する。

「遺体の傷の状態がダラスとワシントンで大きく異なっていた点こそが、陰謀の存在を明らかにしているのだ」

 いかがだろうか。専門家が公共放送で明言するくらい、ケネディ暗殺の陰謀は現実性のある話なのだ。もちろん、陰謀の決定的証拠はまだない。土田氏も首謀者を名指しはしていない。それでも「マフィアには絶対にできないことだ」と断じたうえで、「検視が海軍病院だったことを考えると、海軍の、それも相当に地位の高い者が陰にいると推測することはできる」と踏み込んでいる。

 10月に公開された約2800件の機密文書のなかで、ダレスCIA長官と同じくケネディと対立し、更迭されかけていたジョン・エドガー・フーバーFBI長官のメモが注目された。移送中のオズワルドがルビーに射殺された1963年11月24日、フーバー長官はこう指示した。

「オズワルドが真犯人だと国民に信じさせなければならない」

 10月にはCIAとFBIからの要請で、トランプ大統領は一部文書の公開を見送った。残りの非公開文書については、180日以内に改めて機密保持が必要かどうかを検討するという。真相が闇に葬られず、白日の下にさらされることを期待したい。
(文=筈井利人/経済ジャーナリスト)

●参照文献(英文のみ。ほかは本文に記載)
J. Edgar Hoover: “Need To Convince Public That Oswald Is Real Assassin”, Zero Hedge
http://www.zerohedge.com/news/2017-10-27/jfk-files-show-hoover-urged-need-convince-public-oswald-real-assassin