出典:https://www.shutterstock.com

「気になる男性はいるけれど、なかなか予定が合わない……」と、デートをして距離を縮めたいけれど、なかなか会えないというケースは珍しくないでしょう。

ですが、そんな時も“LINE”を上手く活用すれば、男性の気を引くことは十分可能です。

そこで今回は“LINEで彼に好きアピールする方法”を、男性ライターの筆者がご紹介します。

 

■「好き」という言葉をちりばめる

LINEの内容に「好き」という言葉をちりばめると、彼を意識させることができるかもしれません。

自分に向けられた言葉ではないと思っても、「好き」という言葉を聞くと、思わず自分に言われているような気持ちになり、ドキドキしてしまうかも。

たとえば、何気ない日常会話の中にも「私、サッカー好きだよ」「好きな料理ってある?」など、「好き」という言葉を積極的に使ってみるとよいでしょう。

 

■「お疲れさま」を文頭につける

「そろそろ仕事終わったかな」というタイミングでLINEを送る際は、文頭に「お疲れさま」と書くようにしましょう。

仕事後の疲れている時に、その言葉をかけられると、とても心に響くはず。もし彼の就業時間がわかっているなら、「お疲れさま」と書くことをお忘れなく。

彼としても「優しい子だな」「疲れがほっと癒される」と感じ、好印象を抱いてもらえるかもしれません。

 

■LINEの締め際に「元気出た」

彼とLINEが続いて夜中近くになり、「そろそろ寝る時間だし終わりかな」という“締めのタイミング”で送る言葉にも気を付けましょう。

「じゃあ、そろそろ寝よっか」だと、あまりに普通で彼の印象に残りにくいかもしれません。

LINEを終わりにする時は、「じゃあそろそろ寝よっか」のあとに「元気出た」と付け加えることをおすすめします。

「元気出た」の言葉で、男性は「結構疲れてるのかな?」「今度も元気づけてあげたいな」などと感じ、無意識のうちに「守ってあげたいな」と思うようになるかもしれません。

 

■不意打ちの「声聞きたいな」

何気なくLINEをやりとりしている最中に、「なんだか急に○○君の声が聞きたくなっちゃった」と言うと、かなり彼をドキドキさせることができるでしょう。

「声が聞きたい」は、普通の男友だちにはなかなか言わない言葉だと認識している男性は多く、「俺のこと特別視してるのかな」と思ってもらえるかもしれません。

想いを寄せる男性だけに使いたい、とっておきのワードです。

 

いかがでしたか? 今回ご紹介した言葉を積極的に使えば、他の女性よりも効果的に男性を意識させることができるはず。ぜひ気になる彼とのLINEで使ってみてくださいね。

【画像】

※  Svitlana Sokolova/shutterstock

【関連記事】

※ 男性が行為中に”何となく物足りなさを感じる”瞬間

※ エロすぎっ…♡“男性がそそられる”女性の体型

※ 頑張りすぎていない?手相でわかる“心身の健康状態”