「肩書き」がなくなっていく時代の自分の見つけ方

写真拡大 (全2枚)

転職を考えるとき、これまで「〇〇社のAさん」だった自分が、〇〇社という「肩書き」がなくなったら周りの反応はどう変わっていくのだろう? と不意に不安な気持ちに駆られたりしませんか? 

これまでお話ししてきた「母親の呪い」と同じで、私たちは”自分”というものを、「〇〇さんちの娘のAちゃん」「〇〇学校卒のBさん」という風に、家庭や学校、職場、地域コミュニティなどの「肩書き」によって自己紹介を済ませられる、という保護のなかで生きてきました。しかし時代の変化の中で「肩書き」は、あなたを表現し、説明してくれるというものではなくなりつつあります。

さらに、現代はもはや「村のみんなで助け合って生きる」という時代ではなくなり、そのため「別に自分を救ってもくれない共同体に、期待なんかしない」という白けた気分が人々に蔓延しています。では、これからは何が、我々を守ってくれるのでしょうか?

一方で、マズローの5大欲求にも数えられるように、所属欲求自体が失われたわけではありません。所属することの心地よさは求められています。だから、様々なパーティ文化が広がったり、盆踊りがブームになったりするのだと思います。

でもそれらは、一時的な消費です。ではこの所属欲求をどうやって持続的なものにして、「応援しあう仲間」のような新しい共同体を求めていくのか? 所属している「肩書き」があなたの自己紹介をしてくれない中で、どうやってあなた独自の自己紹介を見つけていけばいいのか? その需要に応えているのが、今話題を集めているインターネットサービス「SHOWROOM」なのだと思います。

SHOWROOMと甲子園野球

SHOWROOMとは、タレントから一般人まで、誰でもインターネットで生配信ができ、さらに視聴者(ファン)とも交流できる双方向型のプラットフォームです。PCやスマホから気軽に配信でき、ファンはお気に入りのアイドルを直接応援することもできます。アイドルの中には、月間売上が1000万円を超える方もいます。

SHOWROOMは、甲子園野球の熱狂にとてもよく似ています。高校野球は、そこで走っているバッターもピッチャーも、別に親戚でもなんでもないのに、ただ”おらが県の代表”ということだけで、選手たちの熱意を応援したくなるし、応援される期待感のなかで、選手たちも実力以上の力を発揮できたりします。

その結果、今までなし得なかった目標を達成した時に、頑張っている方も応援している方も、同じ陶酔感を得ることができるのです。推して推されることで高めあう高揚感が、そこにはあります。

一方で、これは「都道府県」という共同体の幻想の上に成り立ってきた熱狂です。さらに、野球の試合2時間のために熱狂し続けるほど、みんな暇じゃなくなってきた。そこで、甲子園の熱狂やそこにコミットするタイミングを、圧縮させた濃厚な経験として与えているのがAKB48だと思います。

ファン同士のコミュニケーション設計

AKB48といえば、握手券で応援が可視化され、総選挙でランクアップするなど、ゴールに向かうわかりやすい構造が特徴です。そしてそこには、推すことに陶酔する仕掛けが濃縮されています。SHOWROOMは、この構造を、誰もが参加できるようにプラットフォーム化したものなのです。つまり演者(アイドルなど)が生配信の中で歌ったり踊ったりして、それをファンが応援することで生まれる熱狂をオンライン上にいつでもできるように作り出しているのです。


AKB48のメンバー(Photo by TPG / Getty Images)

もちろん、歌うことが、笑わせることでもいいし、話すこと、ただ黙々と作業している様子を見せることでもいい。さらには、SHOWROOMの誰かを応援している人がその応援(演者の魅力など)を語ることで、他の人が彼の応援を応援するというメタな構造が生まれてきているのも、興味深いところです。

SHOWROOMでは、視聴者は、画面上でアバターとして表示されており、中央画面に表示される演者をまるでステージ下から見守るように、先着順に配置されている。さらに課金アイテムで演者を応援した人も、可視化されるようになっています。

さらに視聴者同士で、エールの交換もしあえる。AKBファンが同じ”推しメン”同士で交流し合うように、視聴者同士が交流したりする機能もついているのです。例えば人気アイドルのライブ配信を見ると、最前列のアバターの衣装が全員、演者とお揃いだったりして、視聴者同士の所属意識を反映する仕掛けがあちこちに満載されています。

つまり、ある目的を持って動いている人の熱狂に対して、いかに集団を意識しながら、その中に”自分”を獲得していくか。いかに熱狂の中に、何らかの所属感や達成感を得るかが、SHOWROOMの求心力なのでしょう。

これらは会社や学校、出身地という「肩書き」が自分を守ってくれなくなった中で、何を応援し、応援されるかという「好き」や「熱意」が、互いを結びつけ合う連帯によって、自分を強くしてくれる。時間と距離に関係なく、「好き」が結びつきやすいインターネットらしいサービスです。

なにより、自分が熱を持つ好きな人(推しメン)、好きなコト(推しゴト)を語ることは会社や出身校といった「肩書き」的な自己紹介よりもずっとずっと自分らしさを発揮していくことですし、好きなこと(推しゴト)を追いかけることが誰かの応援を呼び込み、それがお金につながり、おしごと(お仕事)になっていく、ステキなことだと思います。

「肩書き」を離れた、あなたの”推しゴト”を見つけやすい時代を楽しみましょう。

尾原和啓の「働き方革命最前線 ─ポストAI時代のワークスタイル」
連載過去記事はこちら>>