映画「ボーダーライン」で主演を強める藤田玲/(C)2017「ボーダーライン」製作委員会

写真拡大

窪塚俊介や窪田正孝が主演を務めたヤンキー映画「ガチバン」シリーズや山田裕貴、青木玄徳らが出演し話題となった映画「闇金ドッグス」に続く“AMG・アウトロームービー・ユニバース”の最新作「ボーダーライン」が12月16日(土)に公開される。

【写真を見る】今作に懸ける思いを語る藤田/(C)2017「ボーダーライン」製作委員会

今作で主演を務めた藤田玲に、主人公・我妻アベルのキャラクターから、カーアクションや見どころなど、今作に懸ける思いを語ってもらった。

――主演を務めるに当たって、どのような気持ちで演じられましたか?

「ガチバン」や「闇金ドッグス」シリーズを見た時に、いい意味で僕が好きだったころの日本映画みたいだなと思いました。バイオレンスが多めで、せりふは少な目、そういう作品に通じるものを感じました。そこに今回、自分が飛び込めるということで、わくわくしました。これまでに比べれば少なくなっているタイプの作品だと思うし、しかもオリジナルということもすばらしいと思いました。

――今回は、カーアクションがまず大きなセールスポイントだと思いますが、いかがですか?

カーアクションは、相当大変だと思うんですよ。なので「ボーダーライン」攻めたなって思いました。そもそもロケーションがよく見つかったなと思って。車をドリフトさせていい場所ってそうそうないですし。撮影は刺激的で本当に楽しかったです。

――主人公の我妻アベルは、どういう男性だと思いますか?

アベルは寡黙な男性で言葉を発さない、人と話すことを良しとしないようなキャラクターで、その理由が実は後半で分かることになっています。車が趣味で、その運転がすさまじく上手い。それに加えて、腕っぷしも強い。その彼の日常にレオ(荒井敦史)という昔の友達が入ってくることで、かき乱されていくんです。

――多くを語らずともその人生には何かあったような、深みのあるキャラクターですよね。

アベルの性格を分析すると、昔は人懐っこかったのではと思います。人との接し方を知らないだけで、実は持っているものは熱くて。人をちゃかす言動をすることもあるので、口下手かもしれないですが、中身はちゃんと持っている人だと思います。僕自身とは全くタイプが違いますが、バックボーンには通じるものがあるかなとも思いました。

――それはどんなところですか?

僕はけんかが強いわけではないし、少年院にも入っていないですが、何か近いものを感じるんです。僕にもフランスの血が入っていて、車が好きという意味でも似ているし。自然体に近いので、演じやすかったです。僕は表情は豊かなので、抑えるくらいでした。でも、自分自身について新たな発見もあって楽しかったですね。

――物語のテーマについては、どう思いましたか?

女の子がほぼ出てこない、男同士の友情、絆の話です。一人一人にボーダーラインがあって、その人生を必死に生きるために超えざるを得ないボーダーラインがあれば、自分で努力して超えていくボーダーラインもある。一方、人に超えられてしまうボーダーラインもある。そういう普遍的なテーマがあるのかなと思っています。

――タバコなど最近はなかなか映画にも出てこないですが、いかがですか? 

男臭いですよね! 臭い(笑)。まずタバコ自体、珍しいですよね。喫煙所も減っているし、全くない場所も増えている。でもこの作品では、ほぼ全員がタバコを吸っています(笑)。

――なくなりつつある世界観ですが、だからこそ映画になることに意味がありますね。

そうですね。でも、男として育っている以上、絶対に好きな世界観じゃないですか。車とアクション、アウトローな感じで、中二の時に絶対になりたいやつでしたよね。そういう意味では、男性は絶対に楽しめると思います。色合いも美しくて、スタッフさんが優秀なので、すごい映像を撮ったなという仕上がりになっています!

――今回、主題歌も担当され、アベルの心情を歌い上げているそうですが。

元々ある曲を映画のために歌詞をリライトして、曲もアレンジしました。歌詞は完全にアベルの心情を投影していて、それでDUSTZ「BORDERLINE -A side-」とAサイドとなっています。

――最後に見どころをお聞かせください。

撮影は毎日過酷とか言っている暇もないほど、充実していました。車同様、主演として撮影も駆け抜けました。邦画では珍しいカーアクション、バイオレンスもあります。シリーズとしても今後展開していけるよう、新たなキャラクター、我妻アベルを愛していただければうれしく思います。(ザテレビジョン)