流大(サントリーサンゴリアス) (C)F.SANO

写真拡大

『ジャパンラグビートップリーグ2017-2018』リーグ戦も残り2試合。前節、『第55回日本選手権』進出を決めたサントリーと、5試合ぶりに白星を挙げた神戸製鋼が激突する。立場は異なるが、両軍にとって今週末のゲームは重要になる。

【チケット情報はこちら】

前節、NECの前に出るディフェンスに手を焼きながらも28-13で勝利し、レッドカンファレンス上位2位以内を確保したサントリーだが、沢木敬介監督は自軍のパフォーマンスに「ゲームの内容は全くよくない。想定していたラグビーができていない」とダメ出し。さらに指揮官は「同じミスを何度も繰り返していた。子供でも怒られたことはやめる」と続けた。そして「サントリーのラグビーはボールを失ったらできない。選手の意識を変えていかなければいけない。ブレイクダウンでの質を上げていく」と来るべき4強決戦を睨んだ。

一方神戸製鋼は第6節でヤマハ発動機に38-19と完勝したにもかかわらず、続く第7節、キヤノンに26-31の惜敗。その後、パナソニックに7-56の大敗を喫すると、リコーにも10-15で敗れ、第10節は14点差を守り切れずにNTTコムと引き分けた。だが、前節、近鉄を39-22で下し、『日本選手権』出場へ踏みとどまったのだ。神戸製鋼は7勝1分3敗・勝点36でレッドカンファレンス3位。同組2位の8勝3敗・勝点38のトヨタ自動車を追う。最終節ではトヨタ自動車との直接対決がラインナップされている。来週、逆転2位を決めるためにも神戸製鋼は負けられない。

試合登録メンバーは以下の通り。
【サントリー】1森川由起乙、2北出卓也、3垣永真之介、4ジョーダン・スマイラー、5真壁伸弥、6ツイ ヘンドリック、7西川征克、8ショーン・マクマーン、9流大、10マット・ギタウ、11江見翔太、12中村亮土、13村田大志、14中鶴隆彰、15松島幸太朗、16中村駿太、17石原慎太郎、18須藤元樹、19ジョー・ウィーラー、20飯野晃司、21日和佐篤、22キャンベル・マグネイ、23長友泰憲
【神戸製鋼】1平島久照、2木津武士、3山下裕史、4伊藤鐘史、5中島イシレリ、6安井龍太、7橋本大輝、8西林宏祐、9アンドリュー・エリス、10イーリ ニコラス、11大橋由和、12山中亮平、13アダム・アシュリークーパー、14林真太郎、15コディ・レイ、16金井健雄、17山崎基生、18渡邉隆之、19谷口到、20橋本皓、21梁正秋、22正面健司、23重一生

『トップリーグ2017-2018』第12節・サントリー×神戸製鋼は12月17日(日)・秩父宮ラグビー場にてキックオフ。同日はコカ・コーラ×クボタも開催。チケット発売中。