丸の内エリアに加えて、池袋エリアが新たな開催地として加わることになったラ・フォル・ジュルネ(写真:ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2018提供)

日本最大規模を誇るクラシックの人気音楽祭と言えば、ゴールデンウィークの東京都心を彩る「ラ・フォル・ジュルネ」だ。1995年にフランス西部の港町ナントで「クラシックの民主化」を掲げて誕生したこの音楽祭の特徴は、複数会場で朝から晩までコンサートが行われる点にある。

しかも、それぞれのコンサートは休憩なしの45分程度。チケット代はリーズナブルで、無料公演やマスタークラスなども多数行われるという画期的なものだ。毎年魅力的なテーマを掲げ、ステージには選りすぐりの一流アーティストが登場するのだから盛り上がらないわけはない。

日本では2005年の初開催からクラシック界を席巻し、今ではゴールデウィークの東京を彩る風物詩としてすっかり定着している。その「ラ・フォル・ジュルネ」が、14回目の開催となる2018年に向けて大きく変化しようとしている。11月30日(木)に東京芸術劇場で行われた2018年のテーマ発表を兼ねた記者懇談会においてその概要が明らかになった。

「ラ・フォル・ジュルネTOKYO」へ 


この連載の一覧はこちら

まずは主催名義の変更に注目したい。これまでは、音楽祭の会場である「東京国際フォーラム」の運営組織「株式会社東京国際フォーラム」のみのクレジットであったところから、「ラ・フォル・ジュルネTOKYO運営委員会」への変更だ。

運営委員会の内訳は、株式会社KAJIMOTO、株式会社東京国際フォーラム、豊島区、三菱地所株式会社の4団体。これまで音楽祭の制作を担っていたKAJIMOTOが主催に名を連ねたことと、豊島区の参加が目新しいといえる。その豊島区の参加によって、従来の東京国際フォーラムを中心とした丸の内エリアに加えて、池袋エリアが新たな開催地として加わることになった。

池袋駅西口にある東京芸術劇場内の4会場を中心に、池袋西口公園や南池袋公園など屋外での展開も予定するという。その結果として音楽祭の有料公演数は、昨年の122公演を大きく上回る194公演(丸の内122公演、池袋72公演)となり、無料公演を合わせると3日間で約400公演が行われる大規模な音楽祭へと変貌する。

それに伴い、音楽祭のタイトルも13年間使用してきた「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」から「ラ・フォル・ジュルネTOKYO」へと変更され、2018年5月3日(木・祝)〜5日(土・祝)にわたって開催される。

一方、この数年来続いていた地方都市での「ラ・フォル・ジュルネ」開催においても大きな変化が起こりそうな気配だ。

2017年の金沢に続いて来年は琵琶湖の離脱が確定し、新潟での開催についても今回の懇談会時点では未定だという。この事実だけをみると、爆発的な人気を誇ってきた「ラ・フォル・ジュルネ」の神通力もここまでかと考えがちだが、それはいささか違うようにも思える。金沢がそうであったように、琵琶湖も独自路線の音楽祭を開催する方向に進むのだろう。

そしてその下地には「ラ・フォル・ジュルネ」方式とでもいえる優れた音楽祭の熱とノウハウが確実に生かされるに違いない。地方におけるクラシック文化の芽を育んだという意味において、日本における「ラ・フォル・ジュルネ」の影響力は限りなく大きいと言えそうだ。

2018年のテーマは「モンド・ヌーヴォー」

豊島区との協力体制をベースに、東京での一極集中に特化する「ラ・フォル・ジュルネTOKYO」2018年の開催テーマは、「モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」と発表された。

その意味を主催者側は次のように説明している。

「いつの時代にも多くの作曲家たちが人生のある時期、母国を離れて外国に移り住んできた。20世紀には、ラフマニノフ(1873〜1943)やプロコフィエフ(1891〜1953)、ストラヴィンスキー(1882〜1971)、バルトーク(1881〜1945)、シェーンベルク(1874〜1951)、アルベニス(1860〜1909)らが、全体主義体制からの圧力によって生まれ故郷や住み慣れた土地から離れることを余儀なくされ、バロック時代のリュリ(1632〜1687)、ヘンデル(1685〜1759)、スカルラッティ(1685〜1757)などは、異国への好奇心や雇い主およびパトロンの移住に伴って、あるいは外国での成功を夢見て新天地を目指したのだった」

この音楽史上の動きはとても興味深い。まさに2018年の「ラ・フォル・ジュルネ」は、作曲家たちが好むと好まざるとにかかわらず、運命に導かれて移り住んだ新天地である「新しい世界」で生まれた作品の数々が披露される音楽祭になるのだ。

新しい世界へと開かれた精神が異文化と出会って生まれた作品とは、たとえばどのような音楽が該当するのだろう。「強いられた亡命」の中から親しみやすい作品を選んでみると、ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」、プロコフィエフの「ロミオとジュリエット」、バルトークの「管弦楽のための協奏曲」、コルンゴルト(1897〜1957)の「ヴァイオリン協奏曲「などが挙げられる。

一方、「自主的な移住」の中からは、その後半生を祖国ポーランドから離れて暮らしたショパン(1810〜1849)の名曲の数々。そして音楽院長を務めるためにアメリカに赴任したドヴォルザーク(1841〜1904)の「新世界」や弦楽四重奏「アメリカ」などなど枚挙にいとまがない。

まさに作曲家たちは世界各地を移動しながら名曲を生み出してきたのだろう。今回は特に激動の20世紀を生きた作曲家たちに光を当てるという「ラ・フォル・ジュルネ」。興味のある方は、ぜひゴールデンウィークの音楽祭に備えて予習をしてみてほしい。再現芸術であるクラシックにおいては、知っている曲を聴く楽しみは格別だ。

よりよい音楽祭実現のためには何が必要なのか

さて、懇談会の中では、丸の内と池袋という2つの街で開催される来年の「ラ・フォル・ジュルネ」を楽しむためのさまざまなアイデアも飛び交った。有楽町線を使えば9駅19分(有楽町―池袋)で移動できる地の利を生かすために、定額乗り放題のパスや車内告知、イベントの可能性なども考えられる。さらには、丸の内と池袋それぞれの公演を双方向で上映するライブビューイングなどのアイデアも興味深い。

当初より単なる音楽祭とは一味違う「クラシックのテーマパーク」を標榜してきた「ラ・フォル・ジュルネ」には、「ディズニーランド」の隣に「ディズニーシー」がオープンしたときのような新鮮な喜びと楽しみ、そして強烈なインパクトを世の中に与えることを期待したい。そのためには初開催当時への「原点回帰」が必要なのではないだろうか。

どんなに魅力的なテーマを持ち出したとしても、その内容に踏み込めば踏み込むほど専門色が強くなり、通常のクラシックコンサートと何ら変わらない敷居の高いイベントに思われがちだ。クラシックの特性とでも言えそうなウンチクの重要性も承知しつつ、「何かを聴く」ではなく「そこで何かに出会う」という雰囲気が満載だった14年前のワクワク感をもう一度取り戻してほしいと切に願いたい。

記者懇談会の進行を務めたKAJIMOTO社長、梶本眞秀氏の「当初掲げていた《革新》がいつのまにか《伝統》になってしまったことへの危機感を感じる」という言葉にも説得力がある。有料コンサートのチケットがあれば体験できる、魅力的な無料コンサートやイベントも満載のこの音楽祭では、1枚のチケットがクラシックの扉を開けるすてきなパスポートになるのだから。