©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

オーケストラと異ジャンルの音楽を融合するなど、常にチャレンジし続けているテレビ朝日の最長寿番組『題名のない音楽会』。

©テレビ朝日

12月16日(土)に放送される同番組では、「アニメ特撮音楽の巨匠・渡辺宙明&俊幸の音楽会」と題し、アニメや特撮界で“宙明節”と呼ばれる斬新な演奏法を次々と生み出した伝説的作曲家の渡辺宙明と、その息子で同じく数々のヒット曲を手掛ける渡辺俊幸を親子で招き、アニメ・特撮の音楽の魅力に迫る。

現役最高齢の作曲家とも言われる宙明は現在92歳。息子とは今でも、それぞれが持っている音の世界で刺激し合っているという。

©テレビ朝日

今回は、父の宙明が作ったおなじみの主題歌を息子の俊幸が新たに編曲し話題となっている最新作のほか、『鋼鉄ジーグのうた』や「秘密戦隊ゴレンジャー」のオープニング&エンディング曲メドレーなど、さまざまなアニメ・特撮音楽を披露する。

アニソン界の“アニキ”こと水木一郎、“女王”こと堀江美都子といった豪華ゲストを迎え、同番組司会の石丸幹二も熱唱! オーケストラとの共演で聴く。