女子テニス世界ランク39位のティメア・バシンスキー(スイス)が、日本時間の12月7日、自身の公式Twitterに恋人のアンドレアス・ブレットナー氏との婚約を喜ぶツイートを公開した。

バシンスキーは、エンゲージリングを着けた自身の手をブレットナー氏の手に重ねた写真を投稿し、プロポーズに応える様子を表したのか「イエス、もちろんイエス!!!」と抑えきれない喜びをツイート。

続いて「今日までのおよそ5年間あなたと一緒にいられた事を、本当にラッキーで誇りに思っている。そして、これから2人で歩む人生が待ち遠しい......愛してる、アンドレアス❤」と、深い絆を感じさせるコメントも飛びだした。

2017年は「全仏オープン」のセミファイナリストとなりながらも、「ウィンブルドン」で3回戦敗退した後に年内の試合出場を止め、右手の手術を受けるなどメンテナンスに専念していたバシンスキー。強力なパートナーを得た来シーズンに期待がかかる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全仏オープン」大会6日目のティメア・バシンスキー
(Photo by Tim Clayton - Corbis via Getty Images)