大掃除してもスッキリしないのは「ニオイ」のせいかも!部屋別オススメの香り

写真拡大

 こんにちは。アロマ空間デザインの資格を持つ高木沙織です。

 気持ちよく新年を迎えるために、年末の大掃除も佳境を迎えているのではないでしょうか。不要なものを捨てたり、普段は行き渡らない細部の拭き掃除をしたり、家のなかがスッキリすると気持ちがよいですよね。

 ですが、どういうわけか空間にどんより感が残っているような……。それ、“ニオイの掃除”ができていないからかもしれません。住空間には、各部屋ごとに適した香りがあるので、大掃除のあとはエッセンシャルオイルを焚いてより快適な空間作りをしましょう。

◆アロマで空間をデザインする

 近頃広く知られるようになった“アロマセラピー”という言葉。天然の植物から抽出されたエッセンシャルオイルの香りを嗅ぐことで、リラックスしたりリフレッシュしたりする効果に期待されます。

 それだけではなく、エッセンシャルオイルが持つ機能を最大限に引き出し、心や体、環境への効果に配慮しながらイメージ・スタイルに合わせた質の高い香り空間をデザインすることだってできるのです。

 たとえば住空間。それぞれの部屋によって特有のニオイがありますよね。それらのニオイを部屋の使用目的に合わせたエッセンシャルオイルで快適なものに変え、QOL(生活の質)の向上に役立てることが可能なんです。

 それでは早速、各部屋ごとの使用目的・役割に合った香りを紹介します。

◆リビング

 家族が集まる憩いの場。滞在型の場所でもあるので、居心地がよくリラックスできる空間が望ましいです。

【オススメのエッセンシャルオイル】

・オレンジ・スイート・・・子供から大人まで幅広く愛される甘く爽やかな親しみやすい香り

・ゼラニウム・・・華やかなローズを彷彿とさせる女性らしいフローラルな香り

・ベルガモット・・・シトラス系でありながら華やかな印象を持ち、気品と落ち着きがある

◆寝室

 1日の疲れや心の緊張を解いてぐっすりと眠るための香りがよいです。

【オススメのエッセンシャルオイル】

・イランイラン・・・鎮静・抗ストレス機能を持つエキゾチックで濃厚な甘い香り

・ラベンダー・・・神経系の働きを鎮め、心と体をリラックスさせる穏やかで心地よいフローラルハーブの香り

◆キッチン

 食材のよい香りだけではなく、シンクや生ごみの臭いも滞りやすい場所。空気清浄の効果を持つ香りがよいです。

【オススメのエッセンシャルオイル】

・レモングラス・・・さわやかでアジアンな印象のハーブの香り

・ローズマリー・・・若草のようなみずみずしいグリーン系の香り

◆パウダールーム(洗面所・トイレ)

 家のなかでも高温多湿でカビや細菌が発生しやすい場所。窓がない間取りの場合、臭いがこもりやすいです。

【オススメのエッセンシャルオイル】

・ペパーミント・・・スキッとした爽快な清涼感のある香り

・ユーカリ・ラディアータ・・・空気清浄機能のあるレモン調のウッドの香り

 嗅覚は、五感の中で視覚に次いで二番目に感情や記憶に働きかける影響度が高いという研究結果があります。家の中をスッキリ片付けて、エッセンシャルオイルを香らせれば、さらに居心地のよい住空間となるでしょう。

 また、必ずしも上記の香りを使用しなければならないわけではなく、好きな香りを選んでもOK。2〜3つの香りをブレンドしてもよいです。いろいろ試しながら、自分にあった香りを探してみてください。

<TEXT/高木沙織>

【高木沙織 プロフィール】
美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog:http://ameblo.jp/0293tg/
Instagram:saori_takagi