鍋料理の祭典「鍋小屋 2018」横浜赤レンガ倉庫で、各地域や人気店の鍋料理を食べ比べ

写真拡大

鍋料理の祭典「鍋小屋 2018〜冬の横浜 赤レンガ倉庫でお熱く召し上がれ。〜」が横浜赤レンガ倉庫で2018年1月19日(金)から28日(日)まで開催される。

3回目となる本イベントは温かい鍋の数々を楽しめる、冬のフードフェスティバル。前回は16万人以上が訪れ、横浜の冬の風物詩となっている。

赤レンガが「昭和レトロ」に

期間中は「鍋小屋」と呼ばれる特設テントが張られ、赤ちょうちんが灯る店舗が軒を連ね、まるで古き良き昭和にタイムスリップしたかのような雰囲気に。会場は2つのエリアに分かれており「個性豊かな えらべる鍋」では、日本各地の鍋料理や各店自慢のこだわり鍋を楽しむことができ、「自分で作る こだわり鍋」では好みの鍋料理を作ることができる。

各地域の鍋料理を食べ比べ

「個性豊かな えらべる鍋」エリアでは、各地域や各店の鍋料理がずらりと並び、1杯から食べ比べることができる。

「嵐山ちゃんこ」は大相撲大阪場所公式売店を出店している「立浪部屋」直伝の味わい。「大館直送!秋田名物きりたんぽ鍋」は鶏ガラスープや肉に日本三大美味地鶏である「比内地鶏」を100%使用した贅沢な一品だ。茨城県が誇る冬の名物鍋「アンコウ鍋」も。

このほか「ふわふわタコつみれ串の豆乳鍋」や「ほっかほかラム生姜鍋」「活〆アンコウのつむぎ糀味噌鍋」「麻辣火鍋」が揃う。

オリジナル鍋作りも

一方、座敷でくつろげる「自分で作る こだわり鍋」エリアでは、4,200通り以上の組み合わせの中からオリジナルの鍋が作れる。メインの具材はタラバガニ・鮭・ホタテを使用した石狩鍋、牡蠣鍋、鶏鍋、かじか鍋、はまぽーく鍋といった5種類を用意。野菜は新鮮な採れたて国産野菜11種類から選ぶことができる。もちろんご飯、うどんといった最後のシメ具材も。自分好みの鍋をぜひ堪能したい。

【詳細】
鍋小屋 2018〜冬の横浜赤レンガ倉庫でお熱く召し上がれ。〜
期間:2018年1月19日(金)〜28日(日)
※雨天決行、荒天時は休業する場合あり
時間:平日 12:00〜21:30 / 土日 11:00〜21:30
※飲食の販売終了時間は21:00
場所:横浜赤レンガ倉庫イベント広場
住所:神奈川県横浜市中区新港1-1
入場料:無料 (飲食代は別途)

※「自分で作る こだわり鍋」エリアは75分制。60分でラストオーダー


[写真付きで読む]鍋料理の祭典「鍋小屋 2018」横浜赤レンガ倉庫で、各地域や人気店の鍋料理を食べ比べ

外部サイト

  • 「ザ パイホール ロサンゼルス」渋谷ヒカリエに限定出店 - クリスマスにぴったりのパイ販売
  • リーガロイヤルホテル広島「ベリーベリーフェア」あまおうのパフェやいちごカクテルなど
  • ジャン=ポール・エヴァンのビュッシュ ドゥ ノエルやショコラ、宝飾時計や1930年代の絵画に着想を得て