12月14日、韓国の文在寅・大統領の訪中に同行する韓国人記者が中国人警備員から集団暴行を受けた。(コリアタイムズ電子版サイトのスクリーンショット)

写真拡大

 韓国の文在寅大統領の中国訪問に同行した韓国人カメラマン2人は14日、北京で貿易関連の取材中、中国側の警備員から集団暴行を受けて、けがを負った。韓国外務省は、中国当局に厳重抗議をし、謝罪と事実関係を明らかにするよう求めている。

 韓国英字紙・コリアタイムズなど複数のメディアによると、14日午前11時頃、中国側の警備担当者が、北京の国家会議センターの中で移動していた文大統領に取材しようとした韓国人記者らを阻止した。事前取材許可を受けた記者らが強く抗議すると、中国人警備員らは、2人のカメラマンに対して集団で顔を蹴ったり殴打し始めた。

 負傷した2人のカメラマンは、現在病院で治療を受けているという。

 この日、国際会議センターで「中韓経済・貿易パートナーシップ」が行われていた。文在寅大統領が出席したほか、中国側と韓国側のビジネス界から約700人が参加した。約14人の韓国人記者が現場で取材していた。

 韓国メディアによると、同国政府関係者は、「中国人警備員は当日の貿易イベントを主催した大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が契約した警備会社の者だが、中国公安当局が実際警備員らの管理をしている」と話した。

 韓国大統領府(青瓦台)は外務省を通じて、中国当局に真相解明と責任者の処罰を求めた。

(翻訳編集・張哲)