新型スペーシア/スペーシア カスタムに搭載されるフロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ(HUD)と、セットオプションになる全方位モニター用カメラパッケージについてご紹介します。

フロントガラス投影式HUDと全方位モニター用カメラパッケージの3Dビューは、いずれも軽自動車初の採用(2017年12月、スズキ調べ)になります。

真上からクルマを眺めたような俯瞰映像(全方位)を映し出すのは、日産のアラウンドビューモニター(三菱マルチアラウンドモニター)などでお馴染みの昨日。メーカーにより名称こそ異なりますが、多くの軽自動車に設定されています。

新型スペーシア/スペーシア カスタムでは、全方位モニターに加えて、3Dビューも搭載しているのが軽自動車初の装備で、発進時の安全確認をサポートします。この機能は、全方位モニター同様に、前後カメラ、左右ドアミラーの計4つのカメラ映像を処理して表示しています。

エンジン始動時に自動的に表示される「3Dビュー」は、室外視点では自車上空から見たような「室外視点」がまずあります。「室外視点」では、上空からグリルと自車を回りながら表示され、自車周囲に障害物などがないかを確認できます。さらに、「室内視点」も用意。こちらは、対象物に近寄って車体を透かした形で見えるもの。

3Dビューは、エンジン始動時の自動表示のほか、もう一度見たい時などは、シフトポジションをPにして、ナビゲーションにあるカメラスイッチを押すと起動します。

さらに、狭い路地や駐車場からバックで出る際などのドライバーの視界をフォローする前後の「左右確認サポート機能」も搭載。自車に近づく歩行者や車両などの移動物を検知すると、警告音と表示で知らせてくれます。

もちろん全方位モニターとしても機能し、「トップ映像+前方/後方」、「前方/後方 ワイド映像」、「サイド映像+前方/後方映像」も表示され、上記の「左右確認サポート機能」も上の表示状態でも作動します。

全方位モニター用カメラパッケージの3Dビューは登録車でも高級車に設定されはじめたばかりの装備ですから、新型スペーシア/スペーシア カスタムにかけるスズキの想いが伝わってきます。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久、塚田勝弘)

【新車】軽自動車初、全方位モニターに3Dビューを採用した新型スペーシア/スペーシア カスタム(http://clicccar.com/2017/12/15/539633/)