レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイル【写真:Getty Images】

写真拡大

ベイルが9月のレアル・ソシエダ戦で超絶ギアチェンジからゴールを奪取

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は、スペインサッカーの名門、レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルが見せた「超速弾」だ。9月のリーグ戦で、時速35.0キロを計測してゴールを奪取。リーグ公式ツイッターは「ギャレス・ベイル…もしくはウサイン・ボルト?」と驚きとともに動画付きで紹介し、反響を呼んだ。

 まさに空気を切り裂くような走りだった。リーガ・エスパニョーラ第4節のレアル・ソシエダ戦、2-1とリードした後半16分、自陣中盤の中央付近でスペイン代表MFイスコがボールを保持し、体を前に向けると、ベイルはセンターサークル付近から中央右サイドを一気に加速した。

 イスコからディフェンスライン裏の広大なスペースに浮き球でスルーパスが送られると、さらにギアアップ。自身の目の前を走っていた相手DFをものの3秒で追い越し、ぶっち切った。そしてワンタッチでペナルティエリアに侵入し、GKと1対1となると、冷静に左足で流し込んでゴール。パスを出してからシュートを打つまで、わずか5秒と衝撃的なスピードに世界が目を疑った。ベイルのゴールもあって、試合はレアルが3-1で快勝している。

わずか5秒間で相手に約8m差をつける驚異の加速とスピード

 リーグ公式ツイッターが紹介した動画では、パスが出された瞬間にマーカーとの距離が「-3メートル」と計測し、追い抜いてシュートを決めた瞬間は「+5メートル」と算出。つまり、わずか5秒で約8メートルも差をつけたことになる。さらに驚くべきはスピードで、相手DFを抜く際に時速35.0キロを記録したと伝えた。

 英情報紙「ビジネス・インサイダー」は、ベイルが過去にサッカー界世界最速となる時速36.9キロを記録したことを紹介するとともに、「“世界最速のフットボーラー”ギャレス・ベイルは惚れ惚れするチップキックゴールの直前、時速35キロのスピードで走っていたことが発覚」と報じ、話題となった。

 ベイルは近年故障が相次ぎ、今年もふくらはぎの故障から11月に復帰したばかり。それでも、現在UAEで開催されているFIFAクラブワールドカップ準決勝で決勝ゴールを決めて存在感を示している。サッカー界の世界最速男は、大会史上初の2連覇をかけた16日の決勝でも、そのスピードで驚きを与えてくれるのか、さらに注目が集まりそうだ。(THE ANSWER編集部)