画像提供:マイナビニュース

写真拡大

このたび、仮想通貨取引所向けウォレットサービスの開発及び、ビットコインの技術開発・実装支援を行うことを目的とした「フレセッツ株式会社」が設立された。

○仮想通貨取引所向けウォレットの開発

ビットコインでの決済時などに必要となるウォレットを取引所が提供する場合、「金融庁の監督の元で様々なコンプライアンス要件に対応し、ハッキングリスクを最小化。かつ大量の注文にも応じられる」という厳しい要件が求められる。外部からのハッキングリスクを減らすためには、「コールドウォレット」というインターネットから切り離した状態で管理するのが理想的とされているが、この方法ではユーザーが使いたいときにスマートフォンから送金するということが難しくなるという。

そこで同社では、仮想通貨取引所などのビジネス向けに、コールドウォレットでビットコインを安全に保管しながら、ユーザーの利便性も最大限に考えるウォレットを開発。

また、より多くの取引がビットコインのネットワーク上で行えるようにし、より早く安いビットコイン決済を実現させるため、「ライトニングネットワーク」など最先端の暗号通貨テクノロジーの研究開発に参加し、実装支援を行うという。

なお、年内は仮想通貨技術に精通したチームによる開発を進め、来年からは、実際に取引所などのビットコインに関するサービスを提供する企業向けに、高水準かつ安全性に優れたウォレットの実装を計画しているとのこと。