資料写真

写真拡大 (全2枚)

(台北 15日 中央社)チャイナエアライン(中華航空)系格安航空会社(LCC)タイガーエア台湾は13日、桃園−旭川線の開設を発表した。就航は来年3月27日の予定。同社の北海道での就航は函館に続いて2都市目で、日本での就航都市としては11都市目。

火、土曜日の週2便で、桃園空港を午前6時15分、旭川空港を午後0時10分に発つ。

同社はすでに成田や羽田、大阪など日本で9都市に就航している。今月18日には高雄−福岡線、来月18日には桃園−小松線の運航が開始される。日本路線が最多で、他の国・地域へは台湾各地から韓国、タイなどへの路線が開設されている。

(陳葦庭/編集:楊千慧)