チャーミングな松坂桃李vs斎藤工の低音ボイス 『パディントン2』日本語吹替版予告公開

写真拡大

 2018年1月19日に日本公開される映画『パディントン2』の日本語吹替版予告とポスタービジュアルが公開された。

参考:『パディントン2』日本語吹替版予告

 児童書『くまのパディントン』の実写映画化シリーズ第2弾となる本作は、1冊のユニークな飛び出す絵本をめぐるストーリー。パディントンは、大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日プレゼントとして骨董品店で絵本を見つけ、手に入れるために人生で初めてアルバイトを始めるものの、ある日絵本が何者かに盗まれてしまう。さらに不運なことに、警察の誤認逮捕によりパディントンは絵本泥棒の罪で牢屋行きに。無実を証明し、真犯人を探し出し、絵本を取り返せるのか、パディントンたちの新たな冒険が始まる。

 前作に引き続き、パディントンの日本語吹替を務めるのは俳優の松坂桃李。さらに今回、物語の鍵を握る落ち目の俳優ブキャナン(ヒュー・グラント)の吹替キャストとして斎藤工が起用されている。

 今回公開された日本語吹替版予告は、チャーミングな雰囲気をもつ松坂の声と、斎藤の低音ボイスが入り混じった仕上がり。ルーシーおばさんを思いながら「バイトしてプレゼントしよう」と目を輝かせるパディントンや、怪しい笑みを浮かべるブキャナンが「狩りを始めるぞ…」と低くつぶやく姿が印象的だ。

 また、第1作目はパディントン1匹だったポスタービジュアルも、今回、ブラウン夫妻をはじめとする個性豊かな面々が集結。松坂も前作よりパワーアップした点は“絆”だとコメントしており、「(パディントンと)ブラウン一家は本当の家族のようになって… “パディントンは一人じゃない”というのは大きいんじゃないかと思います」と本作の見どころを語っている。(リアルサウンド編集部)