【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪中を取材していた韓国メディアのカメラマンたちが中国の警備担当者から集団暴行を受けた問題で、韓国外交部の当局者は15日、中国側が真相を確認した上で必要な措置を検討する予定だと伝えてきたことを明らかにした。

 この当局者によると、中国外務省アジア局の副局長が前日夜、「外務省としては関連部署に真相についての調査を緊急要請した。調査を促している」と伝えてきた。中国側は事実関係の確認に時間がかかっているとしながら、「(この事件が文大統領の)国賓訪問の成功に影響を及ばさないよう、双方が努力することを期待する」とも話したという。中国側はまた、暴行を加えたのが民間の警備事業者のスタッフだったか、現場にいたであろう公安の要員だったかは事実関係の確認が必要とする一方で、「偶発的な不祥事」との見方を示した。

 この当局者は「事件は正式に中国公安に受け付けられた」と状況を伝えた。